【岩政大樹】アズムンに”頼りすぎた”イラン。日本は戦略でもディテールでも上回った

カテゴリ:日本代表

岩政大樹

2019年01月29日

冨安は今後どこまで伸びていくのか計り知れない

吉田(22番)と冨安(16番)のマークに遭って沈黙したアズムン(20番)。イランは、このエースに頼りすぎた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 サッカーにおける理想的な展開でした。相手の攻撃を許さず、得点を取り、相手が出てきたところをダメ押し。それを準決勝の舞台で成し遂げたのですから「あっぱれ」と言う他ありません。3−0というスコアは、拍子抜けしてしまうほど素晴らしい結果でした。
 
 イランはとても強いチームでしたが、準々決勝の中国戦に3−0という見事な勝利を飾ったことで、日本戦のプランに狂いが生じたように見えました。中国戦でクリアボールをことごとく競り勝ってゴールに結びつけた20番のアズムン選手への意図したルーズボールを、日本戦でも頼りにしすぎました。吉田選手と冨安選手はアズムン選手に対し、ヘディングの競り合いこそ後手に回りましたが、1試合を通してシャットアウト。エースに仕事をさせませんでした。
 
 特に冨安選手は若いながらも成熟した選手であることを示しました。立ち上がりのシーンで権田選手との間でわずかながらアズムン選手に触られるシーンを作られてからは間合いを図れたのでしょう。その後は見事な安定ぶりでした。プレッシャーのかかるビッグゲームで瞬時に相手との間合いを図り、その後の相手の老獪な駆け引きにも動じずに対応ができる。まさに成熟した選手のそれです。今後どこまで伸びていくのか計り知れません。
 

 そして、何と言っても大迫選手です。得点を取るだけでなく、南野選手や堂安選手も輝かせることができる。そのための立ち位置が実に秀逸です。ボールを受ければすかさず前を向き、同時に全体の絵を瞬時に把握して崩す形を描けるので、攻撃がノッキングを起こしません。そのための技術も判断力も備えているわけですから、もはやアジアのレベルを超えた選手。不在の試合との対比も含めて、今大会で存在感をさらに高めたと思います。
 
 縦パスの受け手となる大迫選手に対しての、出し手の立ち位置も、イラン戦では意図して入ったことが伺えました。特に、試合の入りとして気になっていた前半を有利に進められたのは、ボールを回す際の立ち位置の整理ができていた影響が大きかったと思います。
 
 イランは守備の時は4−5−1の布陣を敷き、中盤の5枚が並ぶように立ちます。その際、急所となるのは「5」の真ん中、9番のイブラヒム選手の前の位置です。ここに立つと、9番の選手が前にプレスに行こうとしますが、その背後には大迫選手が待ち構えています。前に行こうとすれば背後が空き、行かなければボールを奪えない。そのジレンマに誘いこめる位置に柴崎選手と遠藤選手が意図的に立つようにしていました。それによって、イランは思うようにボールを奪えず、奪ってもゴール前の深い位置となってしまうために、アズムン選手へのロングボールをさらに助長させられました。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ