「サムライを前に為す術なし」「身勝手な判断で…」日本に完敗。イラン・メディアは問題のセルフジャッジを厳しく指摘|アジア杯

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月29日

43年ぶりのアジア制覇は達成ならず

試合終盤、フラストレーションを溜めたアズムン(20番)が大迫をはじめとする複数の日本の選手たちと衝突。それが発端となって両軍がヒートアップする騒動に発展した。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 現地時間1月28日、UAEのハッザ・ビン・ザイードスタジアムで、アジアカップの準決勝が行なわれ、日本代表がイラン代表を3-0で撃破した。

 試合は、前半から今大会無失点で無敗という絶対の自信を持つイランの攻撃に対し、日本が冨安健洋と吉田麻也の両CBを中心とした堅固な守りで応戦するという痺れる展開のなかで進行した。

 手に汗握る攻防戦の均衡を破ったのは、下馬評では敗戦も予想された日本だった。56分、敵がファウルをセルフジャッジしている間に左サイドで南野拓実がボールを回収。そこから絶妙なクロスボールを供給すると、エリア内で待ち構えた大迫勇也がドンピシャヘッドで押し込んだのだ。

 イランに押し込まれていた時間帯に先手を取った日本は、67分にも南野拓実が奪ったPKを大迫が冷静に決めて差を広げると、後半アディショナルタイム2分には細かいパスワークから敵陣中央を切り裂いた原口元気が左足を一閃。ダメ押しとなる見事なシュートをゴール右隅へ決めて勝負を決した。

 試合終了後、歓喜に沸く日本ベンチを尻目にガックリとうなだれたのは、アジア最強とも謳われたイランの選手たちだ。後半終了間際には苛立ちを募らせたエースのサルダル・アズムンが、日本の選手たちと衝突。後味の悪さも残してしまっていた。

 文字通りの完敗を喫した代表戦士たちにイラン・メディアも肩を落としている。首都を拠点に展開している『Teheran Times』は、「強きイランは手ぶらでアジアカップから去る」と銘打ったマッチサマリーで次のように記した。
 
「43年ぶりにアジアカップ決勝に行くというチーム・メリ(※国民のチームの意。イラン代表の愛称)の夢は終わった。サムライブルーの前に為す術なく敗れたのだ。立ち上がりから危険だった日本のスピーディーな攻撃にイランは対応しきれず、56分と67分にユウヤ・オオサコにしてやられた。

 それでもチーム・メリはなんとか試合を振り出しに戻そうと交代策などを用いて、状況の打開を図ったが、もはや瀕死の危機に陥っていた試合終盤にゲンキ・ハラグチに速攻からトドメのゴールを浴びてしまった」

 さらに英公共放送「BBC」のペルシャ版もこの試合についてレポートを掲載し、「前半はイランが優位に立っていた」としつつも、試合の流れを大きく変えた大迫の先制点のシーンについて次のように描写した。

「後半も試合は均衡が保たれていたが、イランのディフェンダーたちが誤った身勝手な判断を下してしまったことで、オオサコの先制ゴールが生まれた。これが名手アリレザ・ベイランバンドにとって今大会初の失点だった」

 4度目のアジア制覇を狙ったイランを破って、見事に決勝へ駒を進めた日本。史上最多5度目の戴冠まであと一勝だ。

【日本代表PHOTO】日本3-0イラン|強敵イランを相手に大迫、原口の得点で3発快勝。2大会ぶりの優勝へ決勝進出を果たす

【サポ―ターPHOTO】熱く会場を盛り上げた美女、キッズ、日本サポ―ター特集!佐々木翔のそっくりさんも!?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ