• トップ
  • ニュース一覧
  • いよいよウルグアイ戦!【週刊サッカーダイジェスト編集長がプレビュー】アギーレ体制初陣の見どころは?

いよいよウルグアイ戦!【週刊サッカーダイジェスト編集長がプレビュー】アギーレ体制初陣の見どころは?

カテゴリ:日本代表

谷沢直也(サッカーダイジェスト編集長)

2014年09月04日

目指すスタイルには変化が加えられているだろう。

ブラジルでの惨敗を受け、「改革」を求める気運が高まるなか、アギーレ監督はどんなスタメンを選び、どんなサッカーを見せるのか。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 それにしても、気の毒である。日本代表にとってワールドカップの次に重要な国際大会であり、結果が求められるアジアカップ(2015年1月)に、ハビエル・アギーレ監督は就任後わずか6試合で臨まなければいけないのだから。
 
【写真】アギーレが選んだ新生日本代表
 
 もっとも、初采配からの期間の短さで言えば、前任のアルベルト・ザッケローニ監督のほうが過酷だった。2010年10月8日のアルゼンチン戦で初めて指揮を執り、4日後に韓国戦と、たった2試合のテストマッチだけでカタール・アジアカップに臨んでいる。
 
 ただ、ザッケローニにとって幸運だったのは、目の前に前任の岡田武史監督が築き上げ、南アフリカ・ワールドカップでベスト16進出の結果を手にしたチームがあったことだ。20代半ばの、これからキャリアのピークを迎えようとしている上り調子の選手が多く、守備的スタイルだったとはいえ、ワールドカップで世界を相手に自信を掴んだのも大きかった。
 
 本田圭佑をエースに据え、遠藤保仁と長谷部誠の2ボランチなど前体制の主力を移植しながらの「マイナーチェンジ」。主戦システムとなった4-2-3-1も、岡田体制下のワールドカップ予選を通じて採用された戦い慣れた形だった。
 
 ウルグアイとの初陣に臨むアギーレ監督にとって難しいのは、ブラジル・ワールドカップで惨敗を喫した日本代表には今、「改革」が求められていることだ。失意を味わったワールドカップメンバーも、応援するサポーターも、我々メディアも、「なにを変えてくれるのか」に最も注目しているはず。もちろん、今回の9月シリーズには12人のワールドカップメンバーが選ばれているので(9月4日に長谷部が離脱)、それなりに前体制のチームが引き継がれるかもしれないが、仮にお馴染みの顔ぶれが先発リストに並んでも、目指すスタイルには大きな変化が加えられているだろう。
 
 最大のポイントは、やはり「守備」だ。過去に指揮を執ったクラブを見ても、アギーレ監督は選手に守備の局面における激しさや献身性を求めており、素早い切り替えからのカウンターで相手ゴールに迫ることを得意としてきた。いわば受け身に徹した「弱者のサッカー」である。
 
 そういう意味では初陣のウルグアイ戦は、今後の世界を見据えた戦いの「モノサシ」になる一戦だろう。1年前の8月、宮城スタジアムでまさに「自分たちのサッカー」を貫いた日本は、ウルグアイに2-4と粉砕された。パスをつなぎながら人数をかけて前に出ては、カウンターから裏のスペースを突かれて失点を重ねてしまう。そんな1年前と同じ光景が、札幌ドームのピッチで繰り返されることはないはずだ。
【関連記事】
【セルジオ越後の天国と地獄】興行優先の初陣メンバーに、前体制の反省は見られない
【日本代表】歴代の初陣メンバーと「アギーレ新体制」を4つのデータで比較
【日本代表】注目の大学出身ルーキー皆川、武藤と、同世代の柴崎を「フィジカル」的側面から分析!
【日本代表】初陣メンバーの近況レポート|国内組編
【日本代表 コラム】4年後を見据えながらも現実路線を採ったアギーレ監督の人選
【秘蔵写真館】若き日のアギーレ日本代表監督――1986年メキシコ・ワールドカップ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ