【横浜】「川崎よりも上に――」その言葉に、三好康児の“覚悟”を見た

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2019年01月10日

ライバルチームの一員に。「なんか、不思議な感じ」

川崎からのレンタルで、同じ神奈川県内のライバルチームでもある横浜に移籍。「オファーをいただいて、いろいろ考えた」末の決断だった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

「初日ですか? けっこう自由な感じだったので。またこれから練習が始まって、感じることができればと思います」
 
 1月10日、J1の横浜F・マリノスが始動日を迎えた。初日のトレーニングでは特にメニューは設けられず、各々が好きなようにボールを蹴り、グラウンドを走っていた。
 
 注目の新戦力のひとり、三好康児も時折、笑顔を見せながら、短い時間ではあるが新しいチームメイトたちとの交流を深めた。
 
 昨季までは川崎フロンターレからの期限付き移籍で、北海道コンサドーレ札幌でプレーした。迎えた2019年シーズンは、再び川崎からのレンタルという形で、今度は神奈川県内のライバルチームでもある横浜に活躍の場を移した。
 
 ともすれば、難しい決断だったかもしれない。「オファーをいただいて、いろいろ考えた」という。契約上、保有元である川崎との試合には出られない。そのことを改めて確認した後、三好本人は「川崎戦……出たかったですけどね」と小さく呟く。
 
 川崎育ちの三好にとり、当然ながら横浜は「ライバルと言えば、ライバル」でもある。
 
「小学校からフロンターレでやっているなかで、常に争ってきたチーム。なんか、不思議な感じというか、まだあまり実感はないですけど」

 すぐに馴染むのは「簡単ではないと思う」。それでも、「練習や試合を通じて、徐々にこのチームの一員になっていければ」と話し、「川崎よりも、順位でも上に行きたい」と強い意気込みを口にする。

練習後、顔見知りのカメラマンのリクエストに応じ、にこやかな笑顔を見せる。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る


 アタッキングフットボールを指向する横浜の印象は「面白いサッカーをしている」だ。攻撃センス溢れる21歳のレフティは、予想される基本布陣4-3-3のインサイドハーフ、もしくはウイングでの起用が考えられるが、「どっちも可能性はあると言われています。けっこう流動的に動くと思うので、味方と相手を見ながら、というプレーは得意ですし、自分なりに考えてできればいい」と、すでにイメージはできているようだ。
 
 東京五輪世代の三好にとって、そのビッグイベントを翌年に控える今季は、間違いなく重要なシーズンになる。
 
「毎年、大事ですけど、より大事な一年になるはず。個人的にも、チームとしても、この一年はすごく充実させないといけない。そこは覚悟を持って来ましたし、プレーで示したい」
 
 大きなチャレンジにその身を投じたアタッカーのさらなる飛躍が楽しみだ。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 
【横浜FマリノスPHOTO】マリノス始動!新加入選手も笑顔でランニングとボール回しを消化

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月28日号
    3月14日発売
    7つのキーワードで読み解く
    ヴィッセル神戸
    「解体新書」
    松本山雅&横浜FC特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月20日発売
    勝てるチームはここが違う!
    世界最高レベルの
    「セットプレー& GK」大考察
    ジダン電撃復帰の真相も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ