【アジア杯】「僕と冨安のところでちょっと…」 柴崎岳、自身が一角を担った2ボランチのバランスの悪さを改善点に挙げる

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月10日

「CBとの連携にも曖昧なところがあった」

2ボランチの一角で起用された柴崎。日本躍進の鍵を握る選手だ。(C)Getty Images

画像を見る

 アジアカップのグループF第1戦で、森保監督率いる日本はトルクメニスタンに3-2の勝利を収め、苦しみながらも勝点3を手に入れた。

 日本が苦戦を強いられた要因のひとつが、ボランチふたりのバランスの悪さにあったのは否定できないだろう。2失点とも、彼らが攻め上がった背後のスペースを突かれてのものだったからだ。これについては、冨安健洋とともにこのポジションを担った柴崎岳も素直に認めている。

「僕と冨安のところでちょっとバランス悪かったかなというのはあります。あとセンターバックとの連携の中で、プッシュアップするのか、僕らが下がるのかという部分も曖昧で、そこを相手のスピードに乗ったカウンターで突かれてしまった。リスクマネジメントの部分で、もうちょっと徹底する必要があると思います」
 
 この日、柴﨑のパートナーを務めた冨安は、これまで代表では主にCBとして起用されてきた選手。初めて中盤でタッグを組んだ柴﨑自身、やりにくさは感じなかったのか。

「彼(冨安)も代表ではボランチでプレーするの初めてでしたし、ましてやフレンドリー(マッチ)ではないので、難しい部分もあったと思いますけど、良くやってくれたと思います。(お互いの)役割がはっきりしていたので、やりにくさというのは感じませんでした」

 日本が2大会ぶり5度目の優勝を成し遂げるうえで、攻守の要であるボランチが安定感を取り戻せるかどうかは重要なポイント。そして、そのポジションで森保ジャパン発足後の6試合のうち5試合に出場している柴崎は、いわばキーマンとも言える存在だ。

 次の対戦相手は、トルクメニスタンより格上と見られているオマーン。13日に実施されるこの試合で柴崎はだれとコンビを組み、「バランスの悪さ」をどう改善してくるのか。注目したいところである。

【日本代表PHOTO】日本3-2トルクメニスタン|森保ジャパン、ハンパない大迫と堂安のゴールで初戦を勝利で飾る!

【日本代表PHOTO】灼熱のスタジアムに「清水エスパルス」のユニフォームを発見!サポーター特集♪

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月6日発売
    欧州強豪の思惑は?
    夏の移籍マーケット最前線
    コパ・アメリカ選手名鑑に
    マンC特別付録も必見!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ