【小宮良之の日本サッカー兵法書】 ファンのブーイングや罵声に選手たちはいかに対応するべきか!?

カテゴリ:連載・コラム

小宮良之

2019年01月06日

選手にとってブーイングは“不都合な真実”

サンチャゴ・ベルナベウの熱は今シーズン、マドリーの選手にとって負の方向に作用しているようだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 スタジアムでのブーイングは、選手のメンタルにどのように作用するのだろうか?
 
「ブーイングをバネに、という話がよくありますよね? でも、あれを受けて良い気持ちになるはずはないですよ。正直、とてもネガティブな気持ちになります」
 
 あるJリーガーは言ったが、同じ意見がほとんどだろう。罵られ、嘲られる。これがポジティブではないのは、想像の範疇だ。
 
 特に、味方と思っていたホームのファン・サポーターから受ける非難の罵詈雑言は、堪えるという。どうしようもできないのに――。そのやるせなさは、相当なものだろう。
 
「僕は、ブーイング賛同派ではないよ。ブーイングを受けることで、チームは弱体化する。個人的には拍手賛同派だ」
 
 そう語ったのは、レアル・マドリーのMFマルコス・ジョレンテである。ホームで勝利した試合にもかかわらず、容赦ないブーイングを受けた後のコメントだった。
 
 2018-19シーズンのマドリーは、国内リーグで近年にないほどの不振に喘いでいる。サンチャゴ・ベルナベウのファンは、その戦い方に失望した。結果、負けた時は言うまでもなく、勝っても非難の口笛で憂さを晴らすようになった。
 
「自分だけでなく、チームメイトに対してもブーイングが浴びせられる。それは、とてもやるせない。もっと良いプレーができる、と信じてやるしかないんだけど……」
 
 ジョレンテは苦しい心の内を明かしている。
 
 チームメイトであるイスコは、マドリディスタの辛辣なブーイングに対し、やり返してしまった。これが炎上……さらに非難を浴びる羽目となった。
 
 選手は、プレーがうまくいっていないことに気付いている。それを改めて指摘され、厳しい言葉を浴びせられる。選手にとって、ブーイングは“不都合な真実”であり、分かっていても、どうにもならない。そこで生じる不甲斐なさに、彼ら自身も苦しんでいるのだ。
 
 ブーイングは、精神的に「健全」ではない。
 
 しかし一方で、ファンの要求の高いクラブほど、勝利を積み重ねているという現象も起きているのだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ