【選手権】「いまでも夢を見た朝には涙を…」鹿島入団内定の大器、関川郁万が1年前のリベンジを期す!

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2018年12月29日

「途轍もなく重い1点。悲しい、悔しい、腹が立つ」

いよいよ高校生活の集大成、最後の選手権を迎える関川。スケールアップを遂げた怪物CBはどんなパフォーマンスを披露するのか。写真:安藤隆人

画像を見る

 2018年1月8日。この日の出来事は、いまでも彼の脳裏に刻まれている。

 高校ナンバーワンCBの呼び声が高い、流経大柏の関川郁万。来季の鹿島アントラーズ入団が内定している注目株は2年生だった1年前、前橋育英との選手権決勝に出場した。それまで無失点で勝ち上がってきたチームの最終ラインを支えていたが、最後の最後で力尽きた。

 0-0で迎えた後半アディショナルタイム2分だ。左サイドからのロングスローを一度は中央で跳ね返すも、MF田部井涼(現・法政大)にもう一度ロビングを入れられ、同じ2年生のFW榎本樹(松本山雅入団内定)にヘッドでゴール前にすらされる。それに呼応したFW飯島陸(現・法政大)がペナルティーエリア内で反転してシュート。これはDF三本木達哉(現・神奈川大)が身体を張ってブロックするが、こぼれ球をフリーになった榎本に豪快に決められてしまった。この土壇場での大会初失点が決勝点となり、目の前で前橋育英に優勝を決められたのだ。

「失点した場面もずっと脳裏に焼き付いていて……。実はたまに夢に出てくるんです。その夢を見たときは、かならず朝起きた時に涙を流しているんです。それで『ああ、今日一日の気分は最悪だな』と思うんです。あの失点はただの失点ではなくて、大会初失点だったし、目の前で優勝を決められた失点で、3年生とサッカーをする最後の試合での失点だった。途轍もなく重い1点でした。悲しい、悔しい、腹が立つ。いろんな感情が沸き起こる失点でした」

 夢に出てくるほど、関川の心の中に深く刻み込まれたあの失点。あらためてその時の状況を訊くと、こう返ってきた。

「相手のロングスローに対して、クリアした後に自分がビビらずにもっとラインを前に上げていたら、田部井涼のキックを榎本に簡単に頭ですらされることはなかった。あれは僕が前に出ていれば、十分に競り合うことができた。それにたとえすらされていても、その後の飯島のシュートを三本木がこぼしたところに圧を掛けられていれば、失点は防げていたかもしれない……。自分の甘さが出た失点でした」

 悔やんでも悔やみきれない失点。この失点を胸に刻んで、彼は高校最後の1年間を過ごしてきた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ