地位確立のベテラン勢、初挑戦の新鋭も大奮闘!――海外日本人選手のシーズン前半戦総括[GK & DF編]

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月29日

最終ラインに君臨するベテラン&守護神は未出場も…

左から、川島、吉田、長谷部。 (C) Getty Images

画像を見る

 ロシア・ワールドカップに沸いた2018年夏、欧州では新シーズンの幕が開け、各国で熱戦が繰り広げられてきた。そして南半球オーストラリアでは間もなく夏を迎えようという10月より、新たな戦いが始まっている。

 そこには、多くの日本人選手の姿がある。主力としての責任を胸に新たなシーズンを迎えた者、ネガティブな過去へのリベンジを誓った者、希望と不退転の決意を持って新天地に赴いた者……。

 そして激動の1年が終わろうとしている今、彼らの置かれた状況もまた、様々である。期待に応えてその信頼度をさらに高めた者、新チーム内で早くも地位を確立した者、厳しい現実に苦悩する者、そして現状に見切りをつけて新たな環境を求めるとされている者……。

 ここでは、年末年始も関係なく開催されているイングランド・プレミアリーグ、豪Aリーグを除けば、ほとんどのリーグが中断期間に入った今、国外で奮闘する「サムライ」たちの前半戦を振り返ってみよう。

――◇――◇――

GK
◇川島 永嗣
ストラスブール(フランス)所属
国内リーグ:出場なし(ベンチ入り4試合)
リーグ杯:出場なし(ベンチ入り1試合)

 シーズン開幕後の8月29日に入団。昨シーズンはメスで「3番手」から這い上がったが、今回はセルス(リーグ全19試合出場)、カマラの牙城を崩せず、公式戦5試合でベンチに座ったのみ。チームは欧州カップ戦圏内から勝点4差の7位と好調だが、後半戦、再び川島の“逆襲”は見られるだろうか?

DF
◇吉田 麻也
サウサンプトン(イングランド)所属
国内リーグ:8試合(先発8)
リーグ杯:3試合(先発3)

 シーズン序盤はベンチを温める苦しい日々を過ごしたが、不振に喘いだチームが守備的な3バックシステムを用いるようになった11月からはスタメンに定着。今月3日にヒューズ監督が解任され、オーストリア人のハーゼンヒュットル新監督が着任してからも先発出場が続き、鈍りつつあった試合勘を取り戻し始めている。ただ、対人プレーで後手に回る場面が少なくないところにいささかの不安が……。

◇長谷部 誠
フランクフルト(ドイツ)所属
国内リーグ:11試合(先発11)
リーグ杯:1試合(先発1)
スーパー杯:1試合(先発1)
EL:6試合(先発6)

 ボランチとして迎えたシーズン開幕時はベンチを温めることもあったが、昨シーズンに新境地を切り拓いたリベロにポジションを移すと、抜群のプレーを披露。最終ラインで守備陣をコントロールするだけでなく、中盤まで上がって相手の攻撃の封じ、さらに攻撃の起点にもなる。衰え知らずの34歳はクラブからの信頼も絶大で、12月16日に1年の契約延長を発表。ELのラツィオ戦でハムストリングを痛め、リーグ15節からの3試合を欠場した。

※EL=ヨーロッパリーグ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月25日号
    7月11日発売
    勢力図はどう変わる!?
    2019シーズン J1&J2
    最終順位 大予想
    柴崎&宇佐美ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月18日発売
    2019-2020シーズン
    ヨーロッパ主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    WCCFシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ