小笠原満男の電撃引退を受け……柴崎岳、槙野智章ら日本代表戦士たちの反応は?

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2018年12月27日

柴崎は神妙な面持ちで想いを語る

この日から代表合宿に合流した柴崎。鹿島での先輩、小笠原の引退を受けて想いを語った。写真:滝川敏之

画像を見る

 年明け1月にアジアカップを控える日本代表は、国内合宿の2日目として千葉県内でトレーニングを行なった。この日からは前日に結婚式を挙げた槙野智章と、スペイン・ヘタフェに所属する柴崎岳が合流。トレーニングパートナー6人を含め、19人で汗を流した。
 
 トレーニング後、選手たちを驚かせたのは鹿島の小笠原満男の引退というニュースだ。かつて鹿島でボランチとしてコンビを組んだ柴崎は神妙な面持ちで想いを語った。
 
「知らなかったので驚きはあります。でも元チームメイトとしてもそうですし、同じ東北の出身者として、満男さんの決断に対しては『お疲れ様でした』と言いたいです。満男さんがいろんなことを考慮して決めたことなので、その考えを尊重したいです。
 
 個人としては小学生の頃からのアイドルで、小学校時代は満男さんのリストバンドを買って練習をしていましたし、日韓のワールドカップでは満男さんだけではなく鹿島の選手はたくさんいましたが、満男さんは僕のなかではひとりのアイドルというか、そういった存在でした。
 
 鹿島で一緒にプレーできるようになって嬉しかったひとりの先輩でした。満男さんの隣でプレーできる機会は多かったですし、多くを語らないですが、プレーのなかで得るものがたくさんありました。選手として成長させてもらった大先輩です。怪我は僕がいた頃もちょくちょくありましたし、膝の怪我と訊いていますが、後の人生に響かなければ良いなと思います」
 
 また青山敏弘も同じボランチとして尊敬できる先輩であったと口にする。
 
「引退については残念ですが、憧れでしたし、目指すべき存在でした。ずっといてほしかったです。日本にはあれほど存在感を出せる選手はいないので、そのお手本がいなくなるのは寂しいです」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ