森保ジャパンで推したい影のキーマン。“誰にでも合わせられる”守田英正の成長には注目だ

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2018年12月27日

「地に足を付けて謙虚にやりたい」

アジアカップのメンバーに選ばれた守田。モチベーションは高い。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 年明け1月にアジアカップを控える日本代表は、12月26日から国内合宿をスタート。初日はランニングやボール回しなどで汗を流した。
 
 4年前のアジアカップはベスト8でPK戦の末にUAEに敗れた日本にとって、今大会の目標は覇権奪回となる。もっとも過去にアジアカップを経験したメンバーは6人のみと、森保一監督が選出した23人はフレッシュな顔ぶれとなった。
 
 そのなかで特に経験が浅いのが、今季大卒ルーキーながら川崎でボランチのレギュラーに定着し、リーグ連覇に貢献した守田英正だろう。9月のコスタリカ戦でA代表デビューした俊英は、10月シリーズは怪我もあって選外となったが、11月のキルギス戦にフル出場してアピール。滑り込みでメンバー入りを果たした。

 もっとも本人は浮かれることなく、「地に足を付けて謙虚にやりたいです」と慎重だ。
 
 守田の持ち味と言えばボール奪取力や粘り強い対応など、どちらかと言えばディフェンス面にあるが、川崎では展開力や豊富な運動量を活かしたフリーランなど攻撃面で大きく成長。攻守に貢献できるボランチになりつつあるが、もっとも評価されるべきは周囲に合わせることのできる“適応力”だろう。
 
「自分としての明確なスタイルがない分、周りに順応するのは好きというか、やれる部分だと思います。それは川崎でも代表でも変わりません」
 
 川崎ではJリーグきってのプレーメーカーである中村憲剛や大島僚太とともにプレーすることで大きく能力を伸ばした。それだけに代表という新たなステージで能力の高い選手たちに囲まれた時、今度はどんな進化を見せるのか楽しみでならない。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ