中島翔哉の今冬移籍は「現実的ではない」とポルトガル紙が指摘! 争奪戦は夏まで続くとの見解を示す

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月26日

ウルブスは手を引き、ウエストハムが参戦?

UAEで約1か月に渡って開催されるアジアカップでの活躍が期待されている中島。移籍については、来夏に持ち越される可能性も出てきた。 (C) Getty Images

画像を見る


 今、日本人選手の中では最も移籍先が注目される中島翔哉だが、今冬での移籍は実現しない可能性があるようだ。

 1月5日からUAEで開催されるアジアカップの、日本代表メンバーでもある中島。現在はポルトガルのポルティモネンセに所属しているが、クラブの会長が「プレミアリーグのウォルバー・ハンプトンへの移籍が8割方決まった」と発言したことから、移籍交渉の進捗が注目されていた。

 だが、ポルトガル紙『Record』は12月24日付で、「ナカジマの移籍話は、いったん落ち着きを見せる可能性がある」と指摘。中島の冬の移籍は現実的ではないとの見解を示している。

「ナカジマはアジアカップでプレーするが、興味を持っているイングランドのクラブ(ウォルバー・ハンプトン、レスター、サウサンプトン)は、その手を引っ込める可能性がある。というのも、大会が来年の2月まで続くのに対し、彼らが求めているのは1月に導入できる“即戦力”だからだ。

 ウルブス(ウォルバー・ハンプトンの愛称)はすでに、RBライブツィヒのポルトガル人、ブルーマにターゲットを変更しており、残留争いが身近なサウサンプトンは1月からプレーできる即戦力を必要としている。

 ポルティモネンセは約2000万ユーロを失う可能性があるが、ロドニー・サンパイオ会長は『アジアカップで評価を高め、シーズン終わりにはシャフタール・ドネツク、セビージャ、パリ・サンジェルマン、トルコのクラブなどが興味を持つだろう』と強気だ」

 つまり、夏まではポルティモネンセに滞在すると見ているのである。

 英メディアでは、プレミアリーグのウエストハムも、中島をリストアップしたと報じられている。高い移籍金がネックになるとみられている中島だが、年をまたぎ、夏まで争奪戦が続く可能性もありそうだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月11日発売
    WSD責任編集
    永久保存版
    ディエゴ・マラドーナ
    追悼号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月3日発売
    移籍専門記者が解説
    超ビッグネームの
    去就予測2021
    特製壁掛けカランダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ