鹿島のレジェンド、小笠原満男が現役引退を発表… チームに計17冠をもたらす

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月27日

J1リーグ優勝7回、リーグ杯優勝5回、天皇杯優勝4回、そして今年は初のACL制覇

長きに渡り鹿島の大黒柱として貢献してきた小笠原。チームにもたらしたものは17個のタイトルをはじめ計り知れない。写真:滝川敏之

画像を見る

 鹿島アントラーズは12月27日、元日本代表のMF小笠原満男(39)の現役引退を発表した。

 98年に岩手・大船渡高から鹿島に入団した小笠原は、プロ1年目からリーグ優勝を経験。3シーズン目には主力に定着し、2000年にJリーグ初の三冠(リーグ、リーグ杯、天皇杯)に貢献。01年には、鹿島をリーグ連覇に導いた。

 06年夏に、イタリア・セリエAのメッシーナへ移籍。1年での帰国となったが、シーズン途中に復帰した07年に奇跡の逆転優勝に貢献すると、強烈なリーダーシップを発揮して、ここから08、09年とリーグ3連覇に導いた。

 鹿島にもたらしたタイトルは、J1リーグ7回、リーグ杯(ナビスコカップ時代を含む)5回、天皇杯4回、そして今季20冠目となる初優勝を果たしたACLの合計17回だ。個人としてもベストイレブンを6回(01~05、09年)、MVPを1回(09年)、リーグ杯MVPを2回(02、15年)受賞している。代表レベルでは、99年のワールドユース準優勝に貢献し、02・06年と二度のワールドカップ出場を果たした。

 まさに鹿島のレジェンドたる存在が、今季限りでスパイクを脱ぐことになる。小笠原はクラブを通じて以下のコメントを発表した。

「今シーズンをもって、鹿島アントラーズで現役生活を終えるという決断をしました。これまで自分を支えてくれた方々、一緒に頑張ってきた選手達、応援してくれたサポーター、鹿島アントラーズに関わるすべての方々に感謝しています。鹿島アントラーズという素晴らしいチームでここまでプレーでき、鹿島アントラーズでサッカー選手として引退できることを、とても嬉しく、そして誇りに思います。本当にありがとうございました!」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ