【セルジオ越後】鹿島がレアルに完敗…チーム力の違いというよりマーケットの違いだね

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月23日

リーベルのFWは18歳。安部もうかうかしていられない。

3位決定戦のリーベル戦では再三の決定機も活かせず0-4の敗戦。世界との力の差を見せつけられた。(C) Getty Images

画像を見る

 クラブワールドカップはレアル・マドリーが史上初の3連覇を達成して幕を閉じた。今回は、鹿島が2年前のリベンジを果たせるかとか、開催国のアル・アインに元アントラーズのカイオや元サンフレッチェの塩谷がいるなど、何かと開幕前から盛り上げる要素があったけど、随所に世界との差を見せつけられた大会でもあったね。

 実際に塩谷やカイオが点を取ってチームの決勝進出に貢献したり、安部がファインゴールを決めて活躍したり、個々のレベルでは目立った部分もあったけど、トータル的に見ると、アジアと欧州・南米の実力差はなかなか縮まっていないのが現状だと思う。
 
 レアルも今回はクリスチアーノ・ロナウドが抜けたり、リーグ戦でも調子が悪かったりで、決してすごく強いチームではなかったけど、鹿島を子供扱いするように余裕の勝利だった。南米王者のリーベル・プレートにしてもアル・アインに不覚をとったとはいえ、チーム構成を見ると18歳や19歳の若手がぞろぞろいる。鹿島との3位決定戦で、2トップの一角で先発したフリアン・アルバレスも18歳だというからね。安部だってうかうかしていられないよ。
 
【関連記事】
内田篤人が力説した「世界との差」と「日本サッカー界の未来」。クラブW杯の大敗は自身にとってもひとつの転機に
金田喜稔がCWCの鹿島を斬る! 「そろそろ“J基準”の戦いに戻りましょうではダメ。今回の貴重な経験を生かしてほしい」
鹿島・大岩監督、世界レベルを痛感「自分たちの修正を上回るスピード、技術を体感した」
「僕一人でチームを動かせる力をつけたい」世界に衝撃与えた19歳、安部裕葵が敗戦を糧に飛躍を誓う
「死んでいるなんて思われたくない」前人未到の偉業を達成したS・ラモス、チームへの批判を一蹴

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月28日号
    3月14日発売
    7つのキーワードで読み解く
    ヴィッセル神戸
    「解体新書」
    松本山雅&横浜FC特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月20日発売
    勝てるチームはここが違う!
    世界最高レベルの
    「セットプレー& GK」大考察
    ジダン電撃復帰の真相も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ