金田喜稔がCWCの鹿島を斬る! 「そろそろ“J基準”の戦いに戻りましょうではダメ。今回の貴重な経験を生かしてほしい」

カテゴリ:Jリーグ

連載・コラム

2018年12月23日

相手は“巨人”なんだから…。

敗れたものの、鹿島にとって欧州王者のマドリー(左)、南米王者のリーベル(右)と対戦できたのは貴重な経験に。(C)Getty Images

画像を見る

 残念だった。結局リーベル戦には0-4という大差で敗れたわけだけど、局面の攻防に関しては負けていなかった。もし早い時間帯に1点でも取れていれば…それでも互角とまでは言わないし、やっぱり負けていたかもしれないけど、4点もの差がつくことはなかったんじゃないかな。

 鹿島の選手たちはリーベルとの3位決定戦で、「なにもさせてもらえなかった」準決勝のマドリー戦とはまったく異なる試合を見せてくれた。だからこそ、残念だったんだ。
 
 そのマドリー戦は、本当になにもさせてもらえなかった。僕自身も、「この選手たちはどれだけ上の世界にいるんだよ」って言いたくなるくらいの差を感じた。クリスチアーノ・ロナウドが抜けて、2年前に戦ったときのマドリーからはだいぶ落ちているって言われていたけど、結局はマルセロとベイルのコンビにやられてしまった。

 マルセロがハーフウェーラインを越えて上がってくるのは、いわばこのチームのセオリー。だから、チャンピオンズ・リーグでもラ・リーガでも、マドリーと対戦するチームは決まってそのマルセロの背後のスペースを突こうとする。

 でも、鹿島にはそこを狙おうという意図というか、チーム内の共通理解がなかったように思えた。言ってみれば、「マルセロの背後」は鹿島が唯一戦える場所だったはずなのに、ボールを左から右に持ってきて、積極的にそこを突こうとする姿勢は見えなかったんだ。

 個人の能力を考えたら、一人ひとりが“巨人”であるマドリーに穴なんてない。でも、そんなチームにあって唯一バランスを崩してくれそうなのがマルセロのところで、そこに欧州チャンピオンの「隙」があった。

 マルセロと対峙する遠藤にスピードが不足していたとか、そういうことを言いたいわけじゃなく、チーム全体でその部分を攻略していこうという意識が、あまりにも低すぎた。唯一の弱点を突かずに、他の局面で1対1の真っ向勝負を挑めば、それは今回のような展開になっても仕方がない。さっきも言ったけど、相手は“巨人”なんだからね。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ