クラブW杯の完敗に韓国メディアも反応!「ベイルが鹿島を沈没させた」「韓国人ふたりは孤軍奮闘したが…」

カテゴリ:Jリーグ

ピッチコミュニケーションズ

2018年12月20日

鹿島の選手の活躍を取り上げるメディアもあったが…

韓国メディアは、「“ワンマンショー”だった」とベイル(左)を称えた。(C) REUTERS/AFLO

画像を見る

 鹿島アントラーズは現地12月19日、クラブワールドカップの準決勝で欧州王者のレアル・マドリーと対戦し、1-3で敗れた。この結果は、韓国でも報じられている。
 
「“ベイルがハットトリック”レアル、鹿島を3-1で下しクラブW杯決勝進出」(『sportalkorea』)
「“見たかハットトリック”…日本の鹿島を沈没させたベイルの歓呼」(『ニュースピム』)
 
 試合展開を振り返るメディアもある。
『インターフットボール』は、「前半戦はほぼ五分五分の試合だった。遠くから乗り込んだせいか、レアルの選手たちの動きが重く見えた」としつつ、44分に先制してからは「完全にベイルのひとり舞台だった」と報道。鹿島も56分に安西幸輝を投入して反撃に転じ、1点を取り返したがそれまでだったとしている。
 
 また『SPOTV NEWS』は、ハットトリックを記録したベイルに注目。記事は、先制点となった44分のゴールについて「マルセロとのワンツーで抜け出したベイルが鹿島の守備を崩壊させた」とするなど得点シーンを振り返り、「試合はベイルの“ワンマンショー”だった」と綴っている。
 

 一方、「昌子源“レアルを脅かしたヘディングシュート”」(『国際ニュース』)など、鹿島の選手の活躍を取り上げるメディアもあるが、何より目立っているのは、GKクォン・スンテとDFチョン・スンヒョンにスポットライトを当てた報道だ。
 
 振り返れば、「チョン・スンヒョンとクォン・スンテがとうとうレアルと対戦する…クラブW杯4強の大激突」(『インターフットボール』)など、鹿島の韓国人選手には試合前から関心が寄せられていたが、フル出場したふたりの活躍を取り上げるメディアも多い。
 
 例えば『mydaily』は、「クォン・スンテとチョン・スンヒョン、レアル・マドリーを相手にフル出場…ベイルはハットトリック」と題して試合結果を報じている。また『OSEN』は、「レアルは前半から攻撃を仕掛けたが、チョン・スンヒョンは素早い動きでレアルの超豪華な攻撃陣を抑えた」と綴った。
 
「鹿島のクォン・スンテとチョン・スンヒョンが孤軍奮闘も…レアルに屈す」とヘッドラインを置いたのは『スポーツソウル』だ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ