• トップ
  • ニュース一覧
  • 【橋本英郎】アジアカップ制覇への肝は「ボランチ」。絶対軸・柴崎とコンビを組むべき適任者は…

【橋本英郎】アジアカップ制覇への肝は「ボランチ」。絶対軸・柴崎とコンビを組むべき適任者は…

カテゴリ:日本代表

橋本英郎

2018年12月14日

森保監督が明かした「キーワード」にグサっと刺された

試合勘の鈍化が不安視される柴崎だが、筆者は問題なしと太鼓判を押す。その根拠はどこに? 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 Jリーグのシーズンが終わりましたね。現在はクラブワールドカップが開催中ですが、年が明けたらすぐにアジアカップが始まります。今回のコラムでは、先日発表された日本代表メンバーをエリアごとで見ていきながら、分析してみたいと思います。

 大会登録のメンバーは23名。森保監督が発表記者会見でも話していた通り、選考のベースにあるのは「成長」の二文字。まずこのキーワードが僕のなかではグサッと刺さりました。意図を探るうえで大きなポイントだと思います。

 まずはGKから。東口順昭選手、権田修一選手、そしてシュミット・ダニエル選手の3人です。

 どのキーパーも代表での試合出場数が多くないので、僕は横一線だと見ています。年齢的にもこれから十分成長が見込めると思いますし、なにがきっかけで化けるか分からない。そうした点からも、あえて1番手を大会前には決めずに、1番調子の良い選手を先発起用するのではないでしょうか。グループリーグの対戦相手を見ると、突破は決して難しくない。3試合で1試合ずつ出場機会を与えることも考えられます。ただ、成長させたいと森保監督に思わせる選手が開幕前に現われたなら、その選手を辛抱強く起用し続けるかもしれません。

 
 次はDF。ここは1番、ベテランと若手が共存しているゾーンだと思います。

 若手にとってはベテランから学べる環境である一方、彼らをライバルとして捉えられるか、超えられる存在として考えられるか。きわめて重要なポジションなので、森保監督はベテラン選手を外さず起用してくると予想できます。

 そのなかでも、個人的に注目しているのはセンターバックの冨安健洋選手です。吉田麻也選手の横で、1枚も2枚も殻を破って大化けしてほしい。サイズ(188センチ)があるだけでなく、足下の技術も高くて、チャレンジする気持ちもある。吉田選手と組める機会はそんなに多くないかもしれませんが、得られるものは本当に多い。この大会中に盗めるものは盗みまくってほしいですね。
【関連記事】
「全てに驚いた! 何よりも平和なことに」帰省中のイニエスタが“日本”を語る
【セルジオ越後】日本代表はノーサプライズの“現状維持”。ボランチの最適解は見出せるか
「美しすぎる!」「まるでK-POPアイドル」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナがまさかの制服姿で京都旅行!
Jリーグにやって来る次なる大物助っ人は誰だ!? 要注目の「移籍金ゼロ円」選手たちを一挙掲載!
森保ジャパンは何番人気? 主要ブックメーカーが「アジアカップ優勝オッズ」を続々公開中!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ