「まるで“10番”の選手のような活躍ぶりだ」ザルツブルク地元紙も絶賛! 南野拓実の評価が上昇中

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月03日

値千金の先制ゴラッソに監督も高評価

貴重な先制点は「まるでクリスチアーノ・ロナウドのよう」と評されるゴラッソ。南野自身は「練習から意識していた」とコメントしている。 (C) Getty Images

画像を見る

 オーストリア・ブンデスリーガの第16節が行なわれ、レッドブル・ザルツブルクはラインドルフ・アルタッハと対戦。3試合ぶりにスタメン入りした日本代表の南野拓実は、左ウイングで出場し、決勝点となる先制ゴールを決め、1-0の勝利に貢献した。

 オーストリア・ザルツブルクの地元紙『Salzburger Nachrichten』は、南野の決勝点を「チームの強度は低下したが、ゴールは高品質だった」と、首位チームの戦いぶりを分析したうえで、南野の鮮やかなゴールを称えている。

「ここまで好調を誇っていた首位チームは、辛くも勝利したという印象が否めない。ヨーロッパリーグに参加するために人員をやりくりしている彼らは、南野拓実に感謝しなければならないだろう。彼によってホームでの連勝記録は守られた。

 決勝点となった先制点、18分に南野はアンドレ・ラマーリョからの浮き球のパスに絶妙なタイミングで合わせ、鮮やかなダイレクトシュートを放った。このゴールについては指揮官のマルコ・ローゼも称えており、『タクミのシュートはもちろん、アンドレのクロスも素晴らしかった』とコメントしている。

 23試合で11ゴール。この試合、彼は左ウインガーとして得点を挙げているが、ムナス・ダフールの相方である南野は、いわゆる“10番”と呼ばれてもおかしくない存在感で得点を重ね続けている」

 試合後のインタビューで南野は、「普段からアンドレとは練習でああいうボールが欲しいということを伝えていて、今回試合につなげられて良かったなと思っています」と語っている。

 南野のクラブ内での立ち位置は、「不動のレギュラー」というわけではない。ただしここ最近の活躍ぶりは地元メディアも認めている。首位を独走するザルツブルクにおいて、南野がどのように扱われ、立場が変化していくのか。地元紙も注目しているといえそうだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月13日号
    5月23日発売
    2019年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    中盤戦「必勝プラン」
    浦和ダイジェストも必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ