「誰だってミスはするもの。でも…」絶好調・堂安律の心優しき“格言”にファンが賛辞!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月03日

1G1A以上の存在感でチームを大勝に導く

今季もフローニンヘン攻撃陣を右サイドから牽引する堂安。絶好調をキープしている。(C)Getty Images

画像を見る

 オランダ・フローニンヘン所属の日本代表MF、堂安律が自身のSNSを更新。仲良しで僚友のボスニア・ヘルツェゴビナ代表DF、サミール・メミセビッチとともにサムズアップする2ショット写真を掲載した。

 写真は、日曜日に行なわれたエールディビジ第14節(対NACブレダ戦)の直後に撮影された。フローニンヘンが5-2でアウェーチームを圧倒したゲームで、堂安も1ゴール・1アシストと奮迅の働きを披露。日本が誇るレフティーは英語で「誰だってミスはするもの。でもいつだって誰かがそれを補ってくれる。チームとはそういうものだ!」と綴っている。

 
 この試合、フローニンヘンは開始6分に堂安のお膳立てからFW ミムン・マヒが先制点を挙げるも、16分、56分と被弾して逆転を許してしまう。2失点目はGKセルヒオ・パットの判断ミスから決められたものだった。だが、ここからのフローニンヘンの巻き返しが圧巻。58分に敵ゴール前のこぼれ球に反応した堂安が同点弾を蹴り込むと、かさにかかったラッシュを仕掛けて豪快に3ゴールを奪取したのだ。チーム全員で守備のミスをリカバーし、5-2の快勝を飾ったのである。

 インスタグラムの投稿欄にはファンからの書き込みが相次ぎ、「もはやレジェンド」「(オランダ)北部のベストプレーヤーだ」「今日もナイスプレイでした」と堂安のパフォーマンスを絶賛する一方で、「めちゃめちゃ良い言葉」「まさにチーム全員で掴んだ勝利だ」とその“格言”を称える声もあった。

 ここ4戦で3勝のチームを力強く牽引している堂安。はたして次節のVVVフェンロ戦(12月9日)でも出色の出来でフローニンヘンを勝利に導くか。いまやオランダ中のファンとメディアがそのプレーを注視している。
【関連記事】
「南野はC・ロナウドのよう」「中島は攻撃の核」「堂安との悪友コンビがカギ」”新三銃士”が同日ゴール!! 各現地メディアも絶賛
Jリーグにやって来る次なる大物助っ人は誰だ!? 要注目の「移籍金ゼロ円」選手たちを一挙掲載!
「美しすぎる!」「まるでK-POPアイドル」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナがまさかの制服姿で京都旅行!
「日本代表史における革新的な進歩だ!」英国誌記者が森保ジャパンの全5試合を徹底査定!
「堂安とマヒの“デンジャラス・デュオ”が守備陣を脅かす」 強敵に惜敗のフローニンヘンをメディアは高評価!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ