「小野伸二の記録に迫る」大勝に貢献の堂安律をオランダ・メディアが称賛&ベスト11に選出!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月04日

偉大な先達に迫る勢いを感じさせる

5-2と大勝したNAC戦、堂安は1ゴール1アシストで鮮烈な印象を残した。マヒとのコンビネーションも良好だ。 (C) Getty Images

画像を見る

 オランダ・エールディビジの第14節、フローニンヘンはNACに5-2で大勝。堂安律は1ゴール1アシストの活躍で、勝利に貢献した。

 オランダの全国紙『Algemeen Dagblad』は、右SBデヨファイシオ・ゼーファイクとともに、堂安を第14節のベスト11に選出。先制ゴールならびに同点ゴールなど、計4得点に絡み、チームを勢いづけた彼の活躍を高く評価している。

「まるで太陽の下に晒された雪のように、NACのリードは儚く消えた。2点目を決めたNACがリードに浮かれていられたのは、ほんのわずか、60秒ほどのことだった。日本人選手が決めたゴールは非常にシンプルで、それでいて力強いものだった」

 オランダ・メディアの『NOS』も、「ミムン・マヒと堂安は絶好調。(16位のフローニンヘンが)10位フォルトゥナ・シッタルトとの勝点差がわずか3ポイントのところまで迫ってきた」と、クラブの好調ぶりを報じた。

 さらに、堂安のエールディビジにおけるゴール記録が、かつてフェイエノールトに所属していた小野伸二のゴール記録に迫っていることにも触れている。

「フェイエノールトに小野伸二が在籍した5シーズン、リーグ戦で記録したゴールは19。堂安は昨シーズンの9点を含めて計13得点と、その記録に少しずつ迫っている」

 ちなみに現時点での最高記録は、ハーフナー・マイクがADOとフィテッセ在籍時に計5シーズンで記録した51得点だという。

 同紙は、この試合に多くの日本人ファンが観戦していたことにも触れ、「日本人の観客たちも、多く訪れていた。堂安は、彼らの前でベストな姿を見せることができた」と報じている。

 マヒとのコンビネーションも絶好調。チームの調子も上向きのまま、堂安を擁するフローニンヘンは次節、現地時間12月9日にアウェーで7位のVVVと対戦する。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月23日号
    5月9日発売
    2019年シーズン
    J1&J2序盤戦総括
    全1250選手「通信簿」
    高校サッカー別冊付録も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ