「俺は承知しない」と川口能活を“一喝”。恩師・大滝雅良氏が求めた「みなさんへの恩返し」

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2018年12月03日

「たいした男でしょ。僕らもシャッポを脱がないと(笑)」

多くのファン・サポーターが足を運んだ川口の現役ラストマッチ。「やっぱり能活の人徳なんですかね」と恩師・大滝氏も語る。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 12月2日のJ3リーグ最終節、相模原ギオンスタジアムで開催された相模原対鹿児島の一戦には、クラブ史上最多記録となる1万2612人の大観衆が詰めかけた。
 
 この日の主役は、相模原の守護神・川口能活。すでに今季限りでの引退を表明していた男の“現役ラストマッチ”には楢﨑正剛(名古屋)や漫画家の高橋陽一氏など、川口に縁のある人たちも駆けつけていた。
 
 その中に、川口の清水商業高(現・清水桜が丘)時代の恩師、大滝雅良氏の姿もあった。
 
「ありがたいですね。これだけ大勢の人たちが来てくれて、セレモニーがあって、それでもまだみなさんが残ってくださって。鹿児島の人もいてくれて。やっぱり、能活の人徳なんですかね。ありがたいですよ」
 
 かつての教え子の晴れ舞台を、目を細めて眺めていたはずの大滝氏が、川口のその人柄や人間性についてさらに教えてくれる。
 
「(高校卒業後に)マリノスを選んだのは、当時の日本代表GKの松永成立がいて、『一番側で見たいんだ』と。物の考え方が積極的で前向き。そこで『俺を磨くんだ』と。高校生でそういう思考ができていた」
 
 10代の頃から高い意識でサッカーと向き合い、厳しい環境に身を置いてでも上を目指そうとする。大滝氏は「たいした男でしょ。僕らもシャッポ(帽子)を脱がないと(笑)」と、独特の言い回しで川口への賛辞を惜しまない。
 
「(川口が)43歳なんて知らなかった。僕からすれば18歳で止まっちゃっているから(笑)」
 
 そんな大滝氏も、ワールドカップや欧州移籍を経験し、プロとして十分なキャリアを積んだ川口を“一喝”することがあった。
 
「大怪我をした時期に、そろそろ『引退』って言うのかな、というのを待っていた状態の時があって。それで能活から電話がかかってきて。世間話なんかしているけど、こっちが察してね。『お前、辞めたいなんて言ったら、俺は承知しないぞ』と。生意気にもね、そういう話をしたことがありました」
 
 大滝氏が川口にそう諭したのは、次のような理由からだ。
 
「4回もワールドカップに出たんだから。能活の次が育たないうちは、辞めてはダメ。ちゃんと次の世代が育ってから。それが、みなさんに対する恩返しになる」
 
 川口が43歳まで現役を続けられたのも、大滝氏のこの言葉もひとつの原動力になっていたのではないだろうか。「それは能活に聞いてみないと分からないけど」と大滝氏は言うが、ついにグローブを脱ぐ決断を下した川口に対しては、「お疲れさま。それしかない」と労をねぎらう。
 
 現役を退いた後に関しては、11月14日の引退会見で川口は「自分はサッカーでここまで人生を歩んできたので、やはり現場で、指導者として、自分の経験したことを、伝えたい。指導者としての歩みを始めたい」と語っていた。
 
「引退セレモニーでも、みなさんへの感謝を口にしていた。それは非常に大事なこと。今後のステップでもその気持ちは忘れずに。愛される指導者になるでしょうし、そのためには、自分がまずしっかりしないといけない。自分を厳しく磨いていかないと」
 
 大滝氏も、川口能活の第二のサッカー人生を楽しみにしている。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

2018シーズン限りで引退する主なJリーガーたち

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月28日号
    2月14日発売
    2019年J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    あらゆる角度から総力予想
    特別付録は「選手名鑑」!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月7日発売
    最新スカッドを更新!
    2018-19シーズン
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ