無所属選手が3人も!?日本が対戦するキルギスってどんな国?

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2018年11月19日

日本戦はアジアカップの準備に

名古屋市内で調整を行なったキルギス代表。11月20日に日本と対戦する。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 日本代表は11月20日、豊田スタジアムでキルギス代表と対戦する。11月16日のベネズエラ戦を1-1で引き分け、初陣からの連勝は3でストップした森保ジャパンは「ベネズエラ戦からは大幅にメンバーを変えて臨みたいです。より多くの選手にプレーしてもらいたいです」(森保一監督)と、大幅な入れ替えを行なって、この一戦に臨みそうだ。
 
 対戦するキルギスはFIFAランキングは90位(日本は50位)で、ワールドカップの出場経験はなし。来年1月のアジアカップに初出場する新興国だ。中央アジアに位置し、日本がアジアカップのグループステージで対戦するトルクメニスタン、ウズベキスタンと特長が似ており、森保監督は「堅い守備から素早い攻撃を仕掛けてくる」と印象を語る。
 
 今回の来日メンバーにはドイツやポーランドでプレーする選手が含まれている一方、国内のドルドイというクラブに所属する11人の選手がエントリーし、ロシア人のアレクサンデル・クレスティニン監督もドルトイとの兼任監督だという。
 
 またメンバーリストには無所属の選手が3人入っているが、クレスティニン監督は「彼らはサッカー選手としてレベルが低いわけではなく、現時点で所属チームがないだけで、代表チームに値する選手です」と説明した。
 
 またクレスティニン監督は「アジアカップへの準備になります。アジアカップでは多くを望みません。目標はグループリーグ突破です。できるだけ多くの勝点を得たいです」と語るが、日本戦ではどんなサッカーを見せるのか。油断は大敵だろう。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
【関連記事】
【セルジオ越後】中島、堂安の突破力頼みでタメがない!二人に「行ってこーい」の攻撃ばかりじゃ通用しなくなる
【ベネズエラ戦|戦評】4連勝を逃した理由は決定力不足。大事なのは次のキルギス戦で勝ち切ることだ
J王者のボランチから日本代表のボランチへ――。成長著しい守田英正が示す覚悟
吉田麻也が語ったハリルジャパンとの違い。森保ジャパンのテーマは“柔軟性”と“人とボールが動く”
日本代表に舞い戻った杉本健勇――川崎戦の意地のゴールを“起爆剤”にできるか

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ