「バッジョがアイドル。僕は100%イタリア人だ」ドイツ生まれの変わり種が初アッズーリに意気込み

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2018年11月14日

生まれ育ったドイツでキャリアを築く。

この11月にイタリア代表に初招集されたグリフォ。(C)Getty Images

画像を見る

 11月のAマッチウィークで、「アンドレア・ピルロ2世」と謳われる18歳のサンドロ・トナーリ(ブレッシャ)、技巧派MFのステーファノ・センシ(サッスオーロ)とともにイタリア代表に初招集されたのが、ホッフェンハイムに所属する25歳のヴィンチェンツォ・グリフォだ。
 
 実はこのグリフォ、ドイツ生まれのドイツ育ちという変わり種。イタリア人の両親の下、1994年4月7日に移民の子供としてシュツットガルトに近い街プフォルツハイムで生まれ、地元クラブとカールスルーエの下部組織で育成される。2012年にホッフェンハイムでプロとなり、フランクフルト、フライブルク、ボルシアMGを経て、今夏に古巣ホッフェンハイムに復帰した。
 
 このようにセリエAでのプレー経験が一切なく、招集歴のあるU-20とU-21代表でも大きな実績がないため、現地イタリアではアッズーリ初招集が驚きを持って伝えられ、「謎の存在」と訝しげな表現もされた。しかしグリフォは、代表合宿中に『スカイスポーツ』のインタビューでこう語っている。
 
「僕はドイツで生まれたけど、自宅ではいつもイタリア語を話していたし、自分が100%イタリア人だと感じているよ。アッズーリの一員になれて本当に嬉しいよ」
 
 精度の高い右足を武器に、インサイドハーフやトップ下、シャドーなどをこなすグリフォは、自身のプレースタイルについてはこう語っている。
 
「18歳になるまではずっとナンバー10でプレーしていたけど、フライブルクで左サイドもやるようになった。シュートやアシストが僕を成功に導いてくれたね。アイドルはずっとロベルト・バッジョだよ。祖父がいつもユニホームを買ってくれていたんだ」
 
 この“ドイツ生まれのイタリア代表”が、初招集されたアッズーリでどんな活躍を見せるのか、要注目だ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ