R・マドリーの日本人スタッフが語る“ウラ話”「中村俊輔の元同僚が日本に売り込みたい選手がいる、と」

カテゴリ:ワールド

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2018年11月07日

現役選手やレジェンドも参加する一大イベント。

9月に開催された『ワールド・フットボール・サミット』。ロナウドなど約90人が登壇した。

画像を見る

『ワールドサッカーダイジェスト』誌では、日本人で初めてR・マドリーのスポーツマネジメントMBAコースに合格し、卒業後にクラブのフロントスタッフに採用された酒井浩之氏に、欧州サッカーにまつわるこぼれ話やウラ話を語ってもらう連載を掲載中だ。その第3回は、9月に行なわれた『ワールド・フットボール・サミット』での興味深いエピソードについて伺った。その一部をウェブ版として紹介する。
 
――◇◇――◇◇――◇◇――◇◇――
 
 9月下旬から10月の上旬にかけて、2週間ほどマドリードに滞在しました。9月24、25日の2日間は『ワールド・フットボール・サミット』に参加しました。
 
 日本ではあまり知られていませんが、80か国以上から2300人ものサッカー関係者が集まる、なかなか大きなイベントです。メインスポンサーという形をとっていますが、実質的に主催しているのはラ・リーガで、サッカーに関わる様々なビジネスの場を提供する目的で2016年に始まりました。今回は160を超えるクラブの関係者が来ていたようですね。
 
 登壇者が約90人いて、その顔ぶれは多岐に渡っていました。ユベントスのアニェッリ会長にラ・リーガのテバス会長、ロシア・ワールドカップの組織委員長、(ラ・リーガの冠スポンサーとなっている)サンタンデール銀行のマーケティング部門のトップ、FIFAのソーシャルメディアの担当者、ツイッターのスポーツ部門担当などなど。
 
 元選手では、R・マドリーで活躍したホルヘ・バルダーノをはじめ、元ブラジル代表のロナウド、元ポルトガル代表のヴィトール・バイア。マンチェスター・ユナイテッドのマタやベルギー代表のマルティネス監督も来ていました(マタは『コモン・ゴール』という慈善団体を設立し、給与の1パーセントを寄付する活動を行なっている)。
 
 もっとも印象に残ったのが、アニェッリ会長の話ですね。ユベントスが第一に考えているのが、スタジアムを常に満員にすることなんだそうです。チケットが手に入りにくい状況になれば、その価格を高く設定できるし、テレビ放映権の価値も上がる。当然、選手もやる気が出るし、観戦グッズも売れる。
 
 ホームスタジアムのキャパシティーが4万人ちょっととそれほど大きくないのも、そういった戦略に基づいているんでしょうね。実際、ほぼ毎試合のように満員になっていますが、もちろん結果が伴わないと意味がない。国内リーグは敵なしといった状況を作り上げたので、次の目標はチャンピオンズ・リーグの制覇しかないですよね。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ