【J1採点&寸評】札幌1-0仙台|チャナティップ、三好の技術も際立ったがMOMは絶体絶命のピンチを防いだ守護神

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年11月04日

札幌――本来ボランチの宮澤が最終ラインでプレー。

【警告】札幌=石川(76分)、ジェイ(90+2分) 仙台=椎橋(10分)、シュミット・ダニエル(39分)、大岩(39分)、平岡(64分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】ク・ソンユン(札幌)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
札幌 6.5
主力2選手を出場停止で欠くなか、ミスも多かったものの、それを補うハードワークで粘り強く仙台のパスワークに対峙。シンプルに前線に蹴ってジェイのパワーやチャナティップの技術を生かした。ク・ソンユンのPKストップも見事だった。
 
【札幌|採点・寸評】
GK
25 ク・ソンユン 7
得点の起点作り、PKストップと勝利に大貢献。特にPKを止めたことで試合の流れを引き寄せた貢献度は大きい。
 
DF
35 進藤亮佑 6
いつも通りに冷静にプレー。激しくプレーしながらも警告を受けずに試合を終えたのもさすが。走り合いにも負けなかった。シュートも4本。
 
10 宮澤裕樹 6.5
本来のボランチではなく最終ラインでのプレーとなったが、丁寧にパスを供給しただけでなく、危険な局面でも落ち着いて足を出してピンチの芽を摘むなど攻守で活躍。
 
5 福森晃斗 6
惜しい直接FKもあったが、セットプレーのコースは読まれてきている印象。ただし、守備で目立ったミスはなし。
 
MF
26 早坂良太 6 
守備ではチェンジサイドされた場面で相手に余裕を与えがちだったが、攻撃面では積極性をしっかりと発揮していた。
 
6 兵藤慎剛 5.5(76分OUT)  
ボールを奪った直後や自陣など、肝心なところでらしくないミスが出ていた印象。ただし、ハードワークぶりはさすが。
 
14 駒井善成 5.5
ワンタッチで相手の背後を取るボールコントロールは見事。ただし、攻撃のリズムを生み出すことはなかなかできず。
 
38 菅 大輝 6(84分OUT)
オフサイドの判定で取り消されたものの、後半にネットを揺らしたシュートは見事。クロスの精度も次第に高まってきている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ