「巨大な影響力をもたらした」チームの全ゴールに絡んで“無双中”の本田圭佑に豪メディアも驚嘆!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年11月04日

マーキー・プレーヤーとして結果を残し続けるサムライ!

冷静なパスで決勝点を呼び込んだ本田。そんな日本人MFのプレーに地元メディアが賛辞を贈っている。 (C) Getty Images

画像を見る

 オーストラリアに渡って奮闘を続けるサムライへの評価が天井知らずの上昇を続けている。

 11月3日、本田圭佑の所属するメルボルン・ビクトリーはAリーグ第3節でニューカッスル・ジェッツと今シーズン初のアウェーマッチに臨んだ。

 開幕連敗で(10チーム中)最下位に沈んでいるビクトリーにおいて、1ゴール・2アシストとひとり気を吐いている本田は、中盤の右サイドで起用されたこの試合でも見せ場を作る。

 圧巻だったのは、スコアレスで迎えた71分だ。右サイドからエリアに迫った本田は、中央に構えたアントニスに横パス。オーストラリア人MFは冷静に左足のミドルをゴール右隅に突き刺した。
 
 結局、この本田のパスから生まれた虎の子の1点が決勝点となり、ビクトリーは今シーズン初勝利を挙げたのだった。

 ビクトリーが今シーズンに挙げた4ゴール全てに絡み、まさに無双状態にある本田へは地元メディアからも絶賛の声が相次いでいる。

 Aリーグの試合中継を行なっている『Fox Sports』は、この試合の特集記事において、本田がビクトリーの全ゴールに絡んでいることを紹介。さらに次のように日本人MFを称えた。

「ケイスケ・ホンダの影響力はメルボルン・ビクトリーにとっては巨大だ。それは今回のニューカッスル戦でももたらされた。前節のパース・グローリー戦と同様に、ホンダはアントニスのゴールをアシストしてチームを今シーズン初勝利に導いたのだ。

 ここ2シーズン、Aリーグのグランドファイナル(プレーオフ)から遠のき、ファンの関心も冷め切っていたチームにあって、その興奮を取り戻し、人々の興味や関心を一心に集めているのが、ホンダなのである」

 またオーストラリア紙『The Sydney Morning Herald』は、この試合のサマリーにおいて、次のように本田の活躍ぶりを褒めちぎった。

「ケイスケ・ホンダが再びアントニスのゴールを呼び込んだ! マーキーマンとして凄まじい出来で、今シーズン、ビクトリーの全4ゴールに関わっている」

 年俸の上限が設定されない「マーキー・プレーヤー」として迎え入れられ、その期待にしっかりと目に見える結果で応えている本田。果たして、この好調はどこまで続くのか。その一つ一つのプレーから目が離せなくなってきた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ