本田圭佑の決勝アシストでメルボルン・Vが今季初勝利!しかし、チームには少なくない課題が…

カテゴリ:海外日本人

植松久隆

2018年11月04日

本田の出来にしても、過去2戦に比べれば良かったとは言えなかった

本田は、まさしくチームの中心。ここまでの3試合で全得点に絡む活躍を見せている。(C)Getty Images

画像を見る

 メルボルン・ビクトリーが、今季初アウェーに乗り込んでのニューカッスル・ジェッツ戦で今季3戦目にして初勝利をあげた。
 
 昨季のグランド・ファイナルの再戦となった試合は、ケビン・マスカット監督が試合後に「勝ったのは良かったが、試合内容は決して見ていて面白いと思うものではなかった」と認めたように、お寒い内容に終始。強い風が舞うピッチ上で展開されたこの試合でのメルボルン・Vの収穫は「勝点3を上げたことだけ」と言えてしまうほどの凡戦。その結果は、なにかの拍子でまったく逆の結果に終わっても驚かない、メルボルン・Vにとってはラッキーな勝利だった。
 
 この日も中盤の右サイドで先発した本田の左腕には、この試合からキャプテンの元豪州代表カール・ヴァレリが先発復帰したことで、キャプテンマークが巻かれていなかった。この試合での本田の活躍だけを切り取って事足りるなら、「本田、2戦連続アシストで決勝点を演出。今季初勝利に大きく貢献」というような見出しで済むだろう。しかし、その肝心の本田の出来にしても、過去2戦に比べれば、お世辞にも良かったとは言えなかった。
 
 前半は、舞う風の風下に立たされたことで「プレーにためらいが見られた」(マスカット監督)メルボルン・Vは、ほとんど相手ゴールに迫れないままに受け身に終始する。後半に入って、風向きの不利が軽減されてから、次第にペースを掴む。
 
 そして、メルボルン・Vがひとつの交代でラッキーな勝利を掴む。68分、ほとんど仕事ができていなかったイングハムがベンチに退き、トップ下のジェームス・トロイジが代わりに前線に上がると、本田がトップ下に入った。そのポジションチェンジが、すぐに結果に繋がる。71分、本田からのパスをゴール前で受けたMFテリー・アントニウスが右足を振り抜いて、決勝点となるゴールを決めたのだ。
 
 試合が動いたこの後半を、監督自身が「勝点3を取るにはふさわしいパフォーマンス」と評したが、実際、後半の残り20分に本田がトップ下に入ってからは幾つかの良い形が見られた。このことは、次節以降の攻撃面の改善の大きな示唆となるだろう。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ