父親は偉大な点取り屋! セリエAで売り出し中の“二世FW”は「真の大器」か!? それとも…

カテゴリ:ワールド

片野道郎

2018年11月03日

父親と瓜二つのプレースタイル。

イタリア代表として17試合・7得点の実績を誇る偉大な父・エンリコ(右)を超えようとしている息子のフェデリコ・キエーザ(左)(C) Getty Images

画像を見る

 ここ最近サッカー界で、よく目にするのが、いわゆる「2世タレント」だ。偉大な父の血を継ぐスター候補たちは、単なる親の七光りなのか、それとも真の大器なのか。

『ワールドサッカーダイジェスト』誌で好評連載中の「2世タレント診断書』の第1回は、イタリア代表にも定着したフェデリコ・キエーザだ。

 パウロ・ソウザ監督(当時)に抜擢され、18歳でセリエAデビューを飾ってから約2年。フェデリコ・キエーザは、すでにフィオレンティーナはもちろん、イタリア代表でも不可欠な存在になりつつある。

 175cm・70kgという小柄な身体に備えた爆発的なスピードと、右足を鋭く振り抜くシュートのフォームは父エンリコ・キエーザと瓜二つ。違いがあるとすれば、エレガントで切れ味鋭い突破が持ち味だった父と比べ、プレーが強引かつ直線的なところか。狭いスペースでのボールテクニックでは劣るものの、パワーやスピード、持久力といったフィジカル能力は上回っている。

 ペナルティエリアの幅を主戦場とする純粋なFW(セカンドトップ)だった父と比べると、ピッチの横幅をカバーし、自陣に戻るのも厭わない献身的なスタイルは中盤の選手に近い。

 最も持ち味を発揮できるのは右ウイングだ。ボールを持つと、まずはドリブルを選択し、突破が無理なら近くの味方に預けて、パス&ランというシンプルなプレースタイル。ゴールに近づいたらシュート、タッチライン際をえぐったらクロスという自己完結性の高いプレーヤーだ。

 プレーのレパートリーが少ないにもかかわらず決定的な違いを作り出せるのは、そこにクオリティーが伴っているから。ドリブルひとつをとっても、爆発的な初速でマーカーをぶっちぎるだけでなく、DFに対面した時の急制動、そこからの方向転換と、急加速とチェンジ・オブ・ペースをきわめて効果的に活用する。

 サンプドリアの育成部門で育ち、パルマ、フィオレンティーナなどで活躍した父は、37歳までセリエAでプレーした。セリエA通算139得点は歴代32位の立派な数字。同世代のクリスティアン・ヴィエリ、ヴィンチェンツォ・モンテッラ、フィリッポ・インザーギ、アレッサンドロ・デル・ピエロといったワールドクラスに阻まれ、A代表では17試合・7得点に留まるも、1990年代後半から2000年代前半を代表するFWのひとりだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月21日発売
    課題はこれで解決!
    欧州ビッグクラブ
    「冬の改造プラン」
    FOOTISTAシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ