【横浜】悔しさを押し殺し、王者湘南の健闘を“拍手”で称えた喜田拓也の男気

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2018年10月28日

「これを見て、悔しさを思い出そうかな」

決勝はピッチに立てなかった喜田だが、そんな自分でもできることに全力を注ぎ、チームを後押しした。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト編集部)

画像を見る

[ルヴァン杯決勝]湘南1-0横浜/10月27日(土)/埼玉スタジアム2002
 
 壇上に上がった湘南の選手たちがトロフィーを掲げる。大会MVPに輝いた杉岡大暉がインタビューを受ける。
 
 その光景を、“準優勝”の横浜の選手たちが下から見上げている。辛い時間であるのは間違いない。タイトルを逃した悲しみに打ちひしがれたまま、両手を腰にあててピッチに視線を落としたり、座り込んでしまう選手がいても、仕方のないことだと思う。
 
 その中で、優勝セレモニーで歓喜に沸く湘南の選手たちの姿を、その目に焼き付けるかのように見入っていたのが、喜田拓也だ。拍手するタイミングでは、静かに両手を叩いて、県内のライバルチームの健闘を称えていた。
 
 なかなかできることではない。しかも、チームとして試合に負けたうえに、喜田はベンチ入りを果たすも、出場機会を得られなかった。ピッチに立って戦えなかった自分に腹を立てながらも、「言葉で表わせないくらいの悔しさ」を押し殺して、敵に拍手を送る。喜田は「そこまで意識してやったことでもなかったんですけど」と言い、こう続けた。
 
「スポーツなので、勝者がいれば敗者がいるのは当たり前。そういう考えを大事にしてきたし、湘南も身体を張って、勝ちたい気持ちを表現して頑張っていたと思うので」
 
 取材エリアに現われた喜田は、“準優勝”メダルを大事そうに手に持っていた。
 
「F・マリノスとして苦しい戦いを続けてきたけど、チーム全員の力で勝ち上がってきた。決勝で負けたけど、これですべてが終わるかっていうと、そうでもない気がする。もちろん、勝てればこれ以上の幸せはないけど、ここまでみんなと来れたっていうのは、意味のあることなのかなって」
 
 何とはなしに、両の手でもてあそばれたメダルが、小さくカチャカチャと鳴る。
 
「これを見て、悔しさを思い出そうかな」
 
 ファイナリストとして胸を張る。その舞台に立てなかった自分の力不足と、タイトルを獲れなかった現実から目をそらさず、受け入れる。
 
「時間が立って、あんなこともあったね、ではなく、この気持ちをずっと持てるような強い集団にしていきたいし、なっていくべきチームだと思う。F・マリノスはタイトルが似合うなって、言われるチームであるべき。現に、子どもの頃から見てきたF・マリノスはそうだったので」
 
 次こそは自分がピッチに立って戦い、頂点に立てるように。その日まで、喜田は走り続けるつもりだ。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【ルヴァン決勝PHOTO】湘南×横浜の美女サポーターたち

【ルヴァン決勝PHOTO】湘南 1-0 横浜|湘南がクラブ史上初のリーグカップ制覇! 杉岡大暉の先制点を最後まで守り抜く
【関連記事】
【ルヴァン杯決勝】最大の見せ場がPK疑惑の場面では…。寂しすぎた横浜のパフォーマンス
【横浜】未完成の“俺たちのサッカー”。グローブを投げつけた飯倉大樹の並々ならぬ決意
【横浜】本当にPKではなかったのか? 倒されたシノヅカが明かす疑惑のシーン
「リーグ戦でも何度も誤審がある」横浜のウーゴ・ヴィエイラがJリーグ審判に苦言
【横浜】ルヴァン杯決勝進出&残留争い脱出に導く“クローザー”喜田拓也の真実

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ