【ルヴァン杯決勝】最大の見せ場がPK疑惑の場面では…。寂しすぎた横浜のパフォーマンス

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年10月28日

その判定に敗因を求めるべきではない

試合内容では完敗の横浜。0-1というスコア以上の差があった印象だった。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

[ルヴァン杯決勝]湘南1-0横浜/10月27日(土)/埼玉スタジアム2002
 
 湘南の完封勝利は、守備陣の踏ん張りなしに語れない。試合後、GKの秋元も「今日は3バックの3人(坂、山根、大野)を(メディアの)皆さんに褒めていただきたい」とコメントしていた。
 
 では、その守護神から見た3バックの出来はどうだったのか。
 
「本当にもう、シュートが来なかったので。僕も彼らを信頼していて先に動かなかったり、そういうところが上手くリンクしたと思います。前節の札幌戦のほうがサイドからのボールは怖かったですし、そういう免疫があったのは大きかった。正直、ウーゴ(・ヴィエイラ)選手しか中にいなかったので、割り切ってやれていたのかなと」
 
 秋元が言うように、湘南は横浜をほぼ完璧に抑え込んでいた。なかでも素晴らしかったのはウーゴ・ヴィエイラの封じ方だった。エリア内で危険なこのストライカーにスペースを与えず、ボールを持たれても無暗に飛び込まないで冷静に対応していたのだ。その点でも、湘南の3バックの働きは掛け値なしに素晴らしかった。
 
 寂しかったのは、得点源のウーゴ・ヴィエイラをまるで生かせなかった横浜のパフォーマンスである。立ち上がりからチャンスらしいチャンスを作れず、終わってみれば最大の見せ場は79分の疑惑のシーンだった。途中出場のイッペイ・シノヅカがエリア内で仕掛けて倒されたように見えた場面では結局PKをもらえなかったが、当然ながら「あれは誤審ではなかったのか」という論調も出てきた。
 
 そうした議論になるのはごく普通だろう。ただ、スローVTRを見るかぎり、引っ掛かっているように見える一方で、反則でもないように映る。つまり、微妙なのだ。スローVTRでそうなのだから、主審にとっては難しいジャッジになったはずだろう。
 
 そもそも、この判定に敗因を求めるべきではない。結果は1-0、しかも内容では湘南が明らかに上回っていた。そうした展開で横浜こそ勝者に相応しいと断言する識者は果たしているだろうか。
 
 スコア以上の完敗。それが正直な感想だ。最大の見せ場がPK疑惑のシーンでは……。それ以外にハイライトがなかったという意味でも、横浜は褒められた出来はなかった。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)
 
【ルヴァン決勝PHOTO】湘南×横浜の美女サポーターたち

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ