【岩政大樹】”新ビッグ3”に共通する「まず自分で」の意識。日本代表はメンタリティのスタンダードが変わった

カテゴリ:連載・コラム

岩政大樹

2018年10月17日

ウルグアイの選手たちと個で渡り合うことは”当たり前”

堂安らの自ら仕掛ける姿勢が攻撃のスピード感を生み出していた。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 新時代の幕開け。そんな印象を強烈に残す試合でした。森保ジャパンは強豪ウルグアイを真っ向勝負で打ち破り、日本サッカーは新たなステージに足を踏み入れたと感じさせました。
 
 ロシア・ワールドカップで得た自信は、日本サッカーの歴史として新しい世代に受け継がれました。そして、前の世代を超えていこうと躍起になる若者たちと経験ある選手たちとで織りなす新たな日本代表の形は、未来に希望を抱かせました。
 
 牽引したのは9月のコスタリカ戦同様、2列目の3人、中島翔哉選手、南野拓実選手、堂安律選手です。3人のふてぶてしいまでのプレーぶりが、ウルグアイを驚かせ、動揺させ、崩れさせたと思います。
 
 新世代の旗頭となった彼らに共通するのは、頭の中の最初の選択肢が「自らボールを運ぶ」あるいは「自ら攻撃を切り開く」こと。これまでの日本代表はコンビネーションで相手を崩すためにイメージの共有を先に頭に描いてプレーしていたように見えましたが、彼らは「まず自分で」の意識があるのでゴールに向かう攻撃が多く、これまでにないスピード感を感じさせました。
 
 まずゴールに向かう、それがダメなら次、というリズムはサッカーにおいては基本ですが、それを体現するためには個のスキルに加え、なによりそのメンタリティが求められます。つまり、”当たり前”のように果敢に自ら相手に挑んでいくメンタリティです。
 
 サッカーの時代が変わるのは、メンタリティの「スタンダード」が変わるとき。例えば、カズ(三浦知良)さんがヨーロッパへ渡った後。例えば、中田英寿さんや中村俊輔選手がヨーロッパで活躍した後。例えば、本田圭佑選手や香川真司選手がヨーロッパのトップクラブでプレーした後。そこに今回のロシア・ワールドカップの躍進と躍動が加わって選手たちのスタンダードが変わり、視座が上がって”当たり前”の基準が変わったことを今回のウルグアイ戦ではっきりと感じました。中島選手も南野選手も堂安選手も、もはやウルグアイの選手たちと個で渡り合うことは”当たり前”、そんな感覚でプレーしていることを感じたのです。
 
 それを支えていたのが大迫選手であり、両サイドバックの長友選手と酒井選手でした。この3人は所属チームでも中心として目覚ましい活躍を続けています。ウルグアイ戦も圧巻の働きでした。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ