「あそこで決めるのは流石やなと」東口順昭は“かわいい弟”堂安律のどこに成長を見た?

カテゴリ:日本代表

川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

2018年10月17日

「人間性は変わってない。気さくで明るくて…」

昨夏までG大阪で共闘した東口(左)と堂安(右)。ひと回り年上の兄貴はオランダで活躍する若武者の充実ぶりに目を細めた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[キリンチャレンジカップ2018]日本 4-3 ウルグアイ/10月16日/埼スタ
 
 9月のコスタリカ戦でクリーンシートを達成したものの、火曜日のウルグアイ戦では3失点を喫した。強豪相手に勝利した事実をポジティブに捉えながらも、やはり悔しさは隠せない。日本代表の守護神・東口順昭は一つひとつの失点シーンを冷静に振り返り、反省の弁を述べ、改善点を洗い出していた。
 
 そんな試合後のミックスゾーンで、少し声を弾ませながら語ったのが、若武者・堂安律についての印象だ。
 
 ほんの1年前までガンバ大阪でチームメイトだった20歳のアタッカーは、オランダのフローニンヘンで奮迅の活躍を見せ、あっという間にスターダムを駆け上がった。ウルグアイ戦でも鋭い切り返しから1得点を挙げ、4点目にも絡み、いまや日本代表の看板選手となりつつある。

 
 ちょうどひと回り年下の“かわいい弟分”を、東口はこう見ている。
 
「なにより驚いたのは、(相手DFを)背負えるところですね。ガンバの頃からある程度はやれてましたけど、あれだけ世界レベルの選手、より重たくて強い選手を背中に受けてもプレーできる強さが身についた。大したもんですよ。で、ちゃんと点を取ってほしいところで取りましたからね。流石やなと思いました」
 
 キャラクターにも変化はあったのか。これについては「いやいや人間性は変わってない。気さくで明るくて、誰にでも話せますから」と回答。「まあ(目上にも)ガンガン言いますね。でもまたそこが、かわいらしいんですよ」と、最後は成長を見守る兄のように、優しい口調で語っていた。
 
取材・文●川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

【日本代表PHOTO】日本 4-3 ウルグアイ|南野が2ゴールの活躍! 強豪相手に4発で森保ジャパン3連勝

【日本代表PHOTO】ウルグアイ戦を彩った「美女サポーター」

【堂安律PHOTO】ウルグアイとの激しい打ち合いに終止符を打った堂安の代表初ゴールはこちら!!!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ