【日本代表】“新ビッグ3”候補が躍動。ウルグアイ守備陣を混乱させる

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年10月16日

攻撃の中心にいたのは南野、堂安、中島だった

A代表初ゴールを挙げた堂安。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2018年10月16日に埼玉スタジアムで行なわれたウルグアイとの親善試合は、4-3で日本の勝利という結果に終わった。なかでも印象深かった選手は、4-4-2システムで大迫勇也と2トップを組んだ南野拓実、右サイドの堂安律、左サイドの中島翔哉の3人だ。
 
 まずは10分、中島のスルーパスを絶妙なトラップで足もとに収めた南野がそのままシュートに持ち込んで先制弾を叩き込むと、1-1で迎えた33分に堂安が最高のスルーからチャンスを演出。さらに36分には中島がミドルシュートで大迫の勝ち越しゴールのきっかけを作った。また66分には相手GKが弾いた堂安のシュートを南野が右足ボレーで沈めるなど、最前線の大迫とともに、攻撃の中心にいたのは南野、中島、堂安の3人だった。
 
 胸が熱くなったのは、51分の堂安のプレー。敵の執拗なマークをものともせず、粘り強いキープ力を生かしてボールを保持した場面だ。そして極めつけは、2-2で迎えた59分のゴールである。酒井宏樹とのワンツーで抜け出すと、冷静な左足シュートでチームの3点目を奪った一連の動きはまさにパーフェクト。「堂安律、ここにあり!!」を示す一撃だった。
 
 香川真司、岡崎慎司、本田圭佑のビッグ3にクラブや代表での実績は現時点で到底及ばない。だが、いずれは──。南野、堂安、中島が新ビッグ3として日本代表を引っ張る、そんな時代が来るのではないか。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】日本 4-3 ウルグアイ|南野が2ゴールの活躍! 強豪相手に4発で森保ジャパン3連勝

【日本代表PHOTO】ウルグアイ戦を彩った「美女サポーター」

【堂安律PHOTO】ウルグアイとの激しい打ち合いに終止符を打った堂安の代表初ゴールはこちら!!!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ