過去2戦の相手とは格が違う! 森保監督が世界5位のウルグアイ相手に描くゲームプランは?

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月16日

「パナマやコスタリカと比べてもさらに厳しい試合になる」

前日会見に臨んだ日本代表の森保監督。相手のレベルの高さを認めつつ、「厳しい試合になる」と見通しを語った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 16日に行なわれるキリンチャレンジカップ2018のウルグアイ戦を翌日に控えた15日、両チームの指揮官が前日会見に臨んだ。


 コスタリカ戦、パナマ戦と3-0で勝利した日本だが、森保監督は「ウルグアイは世界5位でロシアでもベスト8、過去に(ワールドカップで)優勝したことがある国。パナマやコスタリカと比べてもさらに厳しい試合になると覚悟して戦わなければならないと思っている」と、ウルグアイは過去の実績からもこれまでとは格の違う相手であることを強調。それだけに「我々の今の力を図るには最高の相手。(ワールドカップで)ベスト8以上に行こうと考えた時に、彼ら(ウルグアイ)と互角以上の戦いをする、彼らに勝つという気持ちで選手には戦ってほしい」とし、内容・結果の両面を求めていく姿勢を見せた。
 
 パナマ戦は結果的には3対0で勝利したものの、指揮官にとっては決して満足のいくものではなかった。とりわけ序盤の戦いぶりには課題が残ったようだ。
「パナマ戦では、個としてもチームとしてもアグレッシブに対応してくれたと思うが、相手が強くて巧くてボールが運べる選手がいたなかでスタートで後手を踏んだところがあった。ウルグアイ戦では、スタートから後手を踏むことがないように、(選手には)気を付けてやっていこうと話しました」
 
 相手はエディソン・カバーニ(パリSG)やディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリー)らビッグネームを揃えたウルグアイだ。指揮官の言うように、序盤で相手の勢いに押されるようなら、一気に付け込まれる可能性もある。ミーティングでもそうした部分を強調して話したという。
「パナマ戦では選手たちが踏ん張って無失点で抑えてくれましたけど、ウルグアイ戦ではスタートのところでそうなったら、決め切るだけの力を持っているチームだと思う。後手を踏めば我々にとっていい形の守備ができないのでファウルも多くなる。ゴールに近くなればなるほど、いい精度のボールを供給されてピンチになっていくので、守備の対応の仕方は話しました」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ