ウルグアイ戦のキーポイント! フランスで対戦経験がある酒井宏樹の“カバーニ対策”は?

カテゴリ:日本代表

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2018年10月15日

「ペナの中での仕事が一番得意な選手」

ウルグアイ戦に向けてトレーニングする酒井。カバーニ対策を語った。写真:山崎 賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 コスタリカとパナマに3-0で快勝した日本代表は、10月16日にウルグアイと対戦する。ここ2試合とは異なり、相手はFIFAランキング5位の強豪。14日の練習後、酒井宏樹がウルグアイの印象を語った。
 
「最後の16メートルの精度というところが、守備でも攻撃でも正確だし、大胆。その部分が勝敗を分けると思うので、勝てるかどうかというのは、そこが小さい所ですけど、凄く大きな差だと思います。それをどれだけ埋められるかが大事だと思います」
 
 ウルグアイ戦に出場すれば、求められるのは森保一新監督になって続いている無失点の継続だろう。最終ラインの一角として、酒井はクリーンシートへの意気込みを述べた。
 
「守備陣として、ゼロに抑えることは目標というよりマスト。ただ失点する時はするので。前の2チームと比べて、間違いなく精度は上がってくるチームなので、そこには全力でケアしたいと思います」
 
 ウルグアイにはエディンソン・カバーニというワールドクラスのストライカーがいるだけに、酒井の言う通り「失点する時はする」可能性もある。マルセイユの酒井はフランス・リーグでの対戦経験から、パリ・サンジェルマンでのカバーニの凄みを明かしつつ、対策を次のように話した。
 
「(カバーニが)出るか出ないか分からないですけど、まあ80分くらいはポジションを取っていない選手です。その(残りの)10分で2、3点取る選手なので、警戒はしたいですし、最初に言ったペナ(ルティエリア)の中での仕事が一番得意な選手なので。本当に細心の注意を払いたいですし、90分の内に1点でも決められれば(僕の)評価は下がる、そういう仕事なので、90分間集中したいですね」
 
 カバーニで最も警戒したいのは、ペナルティエリア内での動き。ほとんどの時間で運動量が少なくても、ゴール前で一瞬の隙を狙ってくるだろう。だからこそ、90分間にわたり細心の注意を払う必要がある。
 
 そんなカバーニを酒井は止めることができるか。ウルグアイ戦では両者のマッチアップにも注目したい。
 
取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ