アーセナルとユーベで輝く逸材コンビに「ジダン2世」も! 日本戦で注目すべきウルグアイのヤングスター

カテゴリ:日本代表

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2018年10月16日

ロシアW杯で注目を集めた小兵レジスタ

ウルグアイの次代を担うベンタンクール(左上)、トレイラ(右上)、M・ゴメス(左下)、バルベルデ(右下)。日本戦での出場は? (C)Getty Images/(C) Reuters/AFRO

画像を見る

 10月16日に開催されるキリンチャレンジカップ2018で、ウルグアイ代表は日本代表と対戦する。

 エディンソン・カバーニやルイス・スアレス(今回は奥さんの出産付き添いのため未招集)の2トップをはじめ、キャプテンのディエゴ・ゴディン、守護神のフェルナンド・ムスレラなど、ここ10年近く主力を担っているベテランも健在ながら、71歳の老将オスカル・タバレスの下、若手も着実に成長している。

 その筆頭格であり、23歳にして47キャップ誇るCBホセ・ヒメネスは、故障のためメンバー外になったとはいえ、他にも楽しみな逸材が目白押しだ。その中から、とりわけ評価の高い4人の逸材を紹介する。
 
 今後10年、ウルグアイの中盤を背負っていく存在として期待されるのが、21歳のロドリゴ・ベンタンクールだ。アルゼンチンの名門ボカの下部組織育ちで、2015年に17歳でトップデビュー。その2年後に引き抜かれたユベントスで、1年目から公式戦22試合に出場したという事実がすべてを物語る。

 左右両足で正確なパスを供給するだけでなく、ダイナミックな持ち上がりも魅力で、献身的な守備も評価に値する。全5試合に先発出場したロシア・ワールドカップでも堂々たるプレーを披露し、ベスト8進出に貢献した。

 そのベンタンクールとともに、中盤で特大のプレゼンスを発揮し、ロシアの地で注目を集めたのが168センチの小兵レジスタ、ルーカス・トレイラ(22歳)だ。16-17シーズンにサンプドリアでブレイクしながら、なかなか代表に声が掛からなかったが、今年3月に初招集されると、一気にレギュラー格へ序列を上げた。
 
 圧巻だったのがロシアW杯のポルトガル戦(決勝トーナメント1回戦)。クリスチアーノ・ロナウドをはじめとする名手たちから次々にボールを奪い取り、2-1の勝利に寄与。豊富な運動量に加えて、小柄ながら足腰が強く、激しいチャージでボールをかすめ取る姿は、ワルテル・ガルガーノやエヒディオ・アレバロといった同胞の先達を彷彿とさせる。
 
 だが、トレイラの持ち味は守備だけに収まらない。パス捌きも秀逸で攻撃にリズムを生み出し、プレースキックの精度も高い。W杯の影響で合流が遅れたこともあり、この夏に移籍したアーセナルでは、開幕5試合連続で途中出場だったものの、ピッチに立てば必ずといっていいほどチームを活性化。6節以降はセントラルMFとしてスタメンに名を連ねている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ