【ルヴァン杯|採点&寸評】柏1-1湘南|菊地が価値あるアウェー弾。だが、より際立っていたのは…

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2018年10月11日

柏――小池のオーバーラップは効いていた。

【警告】柏=なし 湘南=なし
【退場】柏=なし 湘南=なし
【MAN OF THE MATCH】瀬川祐輔(柏)

画像を見る

[ルヴァンカップ準決勝・第1戦]柏 1-1 湘南/10月10日/三協F柏
 
【チーム採点・寸評】
柏 6
相手のハードワークに苦戦した時間はありつつも、先制点に代表されるようなカウンターは切れ味があった。悪くないゲームだったと言えるだろう。
 
【柏|採点・寸評】
GK
16 滝本晴彦 6
難しいボールかもしれないが、序盤にミドル弾を決められてしまった。とはいえ、38分には1対1でビッグセーブをするなど、好プレーもあった。
 
DF
13 小池龍太 6.5
前半終了間際の攻め上がりは素晴らしかった。結果的には得点に繋がらなかったものの、その場面以外にも攻撃時での効果的なプレーはたくさんあった。
 
4 鈴木大輔 5.5
39分、山﨑にGKとの1対1を許したピンチでは、カバーリングにいくべきだったか。いくつか後手を踏んだプレーがあり、攻撃の組み立て時のミスもあった。
 
5 中山雄太 5.5
ビルドアップやディフェンスなどで能力の高さを見せたが、何度かイージーミスがあった。とくに、コントロールを誤った22分のシーンは稚拙な対応だった。
 
6 高木利弥 5.5
アグレッシブにオーバーラップをしていた。しかし、ボールを持ってからのプレーが単調で、チャンスに絡む場面は少なかった。
 
MF
8 小泉 慶 6
出足の鋭いボール奪取と、そこからの攻撃参加は良かった。ビルドアップで課題も見えたとはいえ、自身のストロングポイントは出していただろう。
 
17 手塚康平 6(86分OUT)
攻撃の組み立てでは随所に技術の高さを発揮し、ゲームを落ち着かせた。欲を言えば、ゴールにつながるパスなどがもっと欲しかったか。
【関連記事】
【ルヴァン杯準決勝】第1戦の湘南戦だからより際立った、瀬川祐輔の”ストライカー”としての真骨頂
【ルヴァン杯】柏-湘南は初戦ドロー… 開始1分、瀬川の先制弾ルも菊地が豪快ドライブ弾で追いつく
瀬川祐輔にとって柏移籍は「奇跡」だが、無名の高校時代も実力はスゴかった
日本代表の"快足ドリブラー”伊東純也が明かす、今までマッチアップして苦戦したDFは?
「偽サイドバックですか?」の質問に、“左SB”中山雄太の回答がワンランク上だった

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月19日発売
    欧州ビッグクラブ
    「強化戦略2023」
    アルゼンチン代表特集に
    キング・ペレ追悼企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ