【セルジオ越後】“ロシア組”復帰の10月シリーズには東京五輪世代をもっと呼ぶべきだった

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2018年10月07日

東京五輪世代をふたりしか選出しなかったのは残念だ

10月のパナマ戦とウルグアイ戦に臨む23人を発表した森保監督。ロシア・ワールドカップで主力だった6人を復帰させた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 森保監督は10月12日のパナマ戦、16日のウルグアイ戦に臨む日本代表23人を発表し、9月のコスタリカ戦で活躍した中島、南野、堂安らを招集するとともに、吉田、長友、大迫、柴崎らロシア・ワールドカップで主軸を担った6人を復帰させた。
 
 指揮官がメンバー発表会見で口にしたのは「融合」と「浸透」という言葉だ。若手とベテランの“融合”、そして自らが志向するスタイルの“浸透”が、10月シリーズのテーマとなるのだろう。来年1月のアジアカップへ向け、チーム作りが本格化した印象だ。ちなみに森保監督は目指すスタイルを「全員攻撃・全員守備」と話すが、ざっくりしすぎていて、どんなサッカーを展開するのか想像しづらい。

 個人的には今回の23人に東京五輪世代をもっと入れてもらいたかった。9月シリーズに続いてメンバー入りしたのは堂安と冨安のふたりだけで、ハンブルクの伊藤は選外となった。森保監督が“兼任”でなければ問題はないが、彼は五輪代表の強化も務める立場だ。A代表に若い選手を組み込みながら、ふたつの代表をマネジメントしなくてはいけない。
 
 29節のマリノスとコンサドーレの一戦を視察したあとには、「A代表に入れたい選手がいた」と話したようだが、もしその発言が、U-21代表の三好(札幌)や遠藤(横浜)を指していたなら、実際に選出してもらいたかった。
 
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    12月15日発売
    2018年シーズンを総括!
    Jリーグ総集編
    全57クラブの激闘収録
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月27日号
    12月13日発売
    2018年 Jリーグ総決算
    BEST PLAYER &
    全1354選手の年間査定
    海外組カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月6日発売
    取材記者が注目17人を斬る!
    2019年移籍マーケットの
    メインキャスト身辺調査
    豪華壁掛けカレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.26
    12月5日発売
    冬の決定版!
    2018選手権名鑑
    男子48代表・1440選手を紹介
    女子も32代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24