【セルジオ越後】11月のキルギス戦は東京五輪を見据えた強化の場にできないだろうか

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2018年09月28日

OAで起用できそうな選手も上手く組み合わせて

11月のキルギス戦は、相手との実力差を考慮して堂安や伊藤ら五輪代表候補メインのチームで戦うのも興味深い。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2試合が予定されている森保ジャパンの11月シリーズで、11月20日に豊田スタジアムで行なわれるゲームの相手は、キルギスに決まったね。
 
 今年からヨーロッパの国同士がリーグ戦を戦うネーションズリーグが始まったことで、国際Aマッチウイークにヨーロッパのチームとなかなか対戦しにくくなってきた。こうなると、テストマッチの相手が限られてくるのは仕方がないことだ。
 
 キルギスは間違いなく格下だ。強化試合の相手としては少々物足りないかもしれないけど、それならば思い切って五輪代表候補メインのチームで臨むのはどうか。
 
 同時期にU-21代表はUAEで開催される国際親善大会に参加することは知っている。森保監督はA代表とU-21代表の監督を兼任しているから、UAEでの大会は代行監督を立てるようだけど、うまく若手メンバーをばらけさせて、キルギス戦は東京五輪を見据えた強化の場にできないだろうか。
 
 国際Aマッチウイークではリーグ戦も中断するから、選手を集めやすい。そこで森保監督が理想とするメンバーを揃えて戦う。貴重な経験になると思うんだけどね。オーバーエイジで起用できそうな選手も上手く組み込ませられればなおベターだ。
 
 無謀な試みかもしれないけど、兼任監督だからこそできるキャスティングでもある。10月シリーズではどんな選手が選出されるか分からないけど、A代表とU-21代表、両チームはまだまったく別のチームのような感じがする。兼任監督の下、世代交代を考えても、もっとミックスさせてもいいと思うんだ。

【PHOTO】日本×コスタリカの美女サポーターたち!!
【関連記事】
「遠藤と柴崎のコンビを推す」世代交代が進む“森保ジャパン・理想の先発11人”は?
堂安律、PK失敗からの敗北に「自分自身に怒っている」と反省も…評価は高くレバークーゼンが獲得に興味!
「まるでメッシのようだ」「君のワンマンショー!」中島翔哉の活躍を現地メディアが絶賛!
【セルジオ越後】Jリーグの発展を考えるなら外国人枠は撤廃すべきだ
【セルジオ越後】堂安があれだけやるなら本田のOAはいらないし、乾には中島という強力なライバルが現われたね

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ