【現地発】シメオネが「素晴らしい!」と絶賛する中盤こそアトレティコ浮上の原動力だ

カテゴリ:ワールド

エル・パイス紙

2018年10月03日

分岐点となったのがCL1節のモナコ戦。

中盤が機能しはじめたことで、グリエーズマンは前線でやるべき本来の仕事に集中できるように。(C)Getty Images

画像を見る

 開幕当初の躓きを経て、上昇気流に乗るアトレティコ・マドリー。その分岐点となった試合が、チャンピオンズ・リーグのグループステージ第1節、モナコ戦だった。

 この試合でディエゴ・シメオネ監督は、4-4-2から転じたコケを偽の左サイドハーフ的に使う4-3-3システムを採用。中盤を厚くする指揮官の狙いは見事に的中した。モナコに先制点を許しながらも(18分)、パス本数で相手を大きく上回り(アトレティコの589本に対し、モナコは396本)、精度でもハイアベレージを記録した(パス成功率83%)。

 攻守両面において、その中心となったのがコケとロドリで、それぞれ83本と82本のパスを成功させた。さらに、ふたりの中盤での奮闘の恩恵を受け、エースのアントワーヌ・グリエーズマンは前線に残っていつも以上にフィニッシュに専念。こうしてアトレティコは、シメオネ監督が思い描いた通りの攻撃を繰り出し続けた。

 指揮官はモナコ戦後、満足げにこう語っている。

「アントワーヌ(グリエーズマン)はペナルティーエリア付近でプレーしてこそ、危険度が増すその本領を発揮してくれた」
 
 ジエゴ・コスタ(31分)とホセ・ヒメネス(45+1分)のゴールでスコアをひっくり返し、迎えた後半も安定したパスワークでゲームをコントロール。前述のふたりに比べると中盤の組み立てに絡む機会は少なかったが、左サイドに流れ、モナコの右SBジブリル・シディベの攻撃参加を封じたサウール・ニゲスの働きも光った。

 さらにインテリオールを起点とする新たな役割とポジションを、着実に自分のものにしつつあるアンヘル・コレアも、再三効果的なパスをゴール前に供給。グリエーズマンとともに前線で攻撃を牽引した。DF陣では決勝ゴールに加え、ヘディングだけで6本のクリアを記録したヒメネスの堅守が出色だった。

 モナコ戦後、シメオネ監督は「素晴らしい出来」という言葉を、何度も繰り返した。この試合では70分からピッチに立った新加入MFのトマ・ルマールもチームにフィットしつつあり、実力者のトーマス・パーテイも控える。

 アトレティコ浮上の原動力になっている中盤。充実した顔ぶれを誇るセクションだけに、今後の戦いの中で、対戦相手に合わせてどのような組み合わせを用いるのか、指揮官の決断に注目が集まる。


文●ゴルカ・ペレス(エル・パイス紙)
翻訳:下村正幸
※『サッカーダイジェストWEB』では日本独占契約に基づいて『エル・パイス』紙の記事を翻訳配信しています。
 
【関連記事】
【現地発】「これからは持ち駒をフル活用していく」 マドリー指揮官が“セカンドユニット”の本格起用を宣言!!
【現地発】ヘタフェは欧州屈指の「アウト・オブ・プレー」の使い手。柴崎岳が“使われない理由”もそこにある
「クラブのことは喋るな!」モウリーニョとの確執が噂されるポグバにマンUが前代未聞のかん口令
香川真司のCLモナコ戦欠場をファーブル監督が明言…戦線離脱の理由は「打撲」
「僕はもう一生泣かない」 “過剰演技”を揶揄されたネイマールが悲願の欧州戴冠へ決意表明!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ