• トップ
  • ニュース一覧
  • 【現地発】ヘタフェは欧州屈指の「アウト・オブ・プレー」の使い手。柴崎岳が“使われない理由”もそこにある

【現地発】ヘタフェは欧州屈指の「アウト・オブ・プレー」の使い手。柴崎岳が“使われない理由”もそこにある

カテゴリ:海外日本人

エル・パイス紙

2018年09月29日

90分のうち「実際のプレー時間」は平均で50分04秒。

ヘタフェのボルダラス監督は、ボランチに故障者が相次いだ試合でも柴﨑を使わず、CBのジェネで穴埋めしていた。超がつくほどの守備的サッカーには賛否両論が。(C)REUTERS/AFLO

画像を見る

 ヘタフェの守備重視の戦い方が今シーズン序盤、完成度を高めている。

 就任3年目を迎えるホセ・ボルダラス監督の戦術がさらに浸透し、ラ・リーガ第4節を終えた時点でのファウル86回、イエローカード17枚はいずれもリーグ最多。イエローカードに関しては、個人でもCBジェネの4枚がリーグ全体でもっとも多い。

 徹底したリアクションサッカーを見せるそんなヘタフェの戦い方を象徴するのが、1試合平均50分04秒というアクチュアル・プレーイングタイム(実際のプレー時間)の短さだ。

 つまり、試合時間の90分のうち、その半分近くはファウルなどによって、あるいはボールがラインの外に出たりしてプレーが止まっている計算になる。

 これはラ・リーガはもちろん、リーグ・アンのマルセイユ(50分58秒)、ブンデスリーガのヴォルフスブルク(51分08秒)、プレミアリーグのボーンマス(51分23秒)、セリエAのスパル(52分45秒)と各国リーグの1位のチームをも上回る、欧州5大リーグでトップの数字となる。
 
 この守備重視の戦いが奏功し、ヘタフェは4節までの3試合でクリーンシートを達成。13試合を無失点に抑えた昨シーズンのペースを大幅に上回る。

 アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督は、5節でヘタフェと対戦する前に、相手の印象について「タフなチームだ」と語った。

 この見解についてボルダラス監督は、「チョロ(シメオネの愛称)がそういうのだから、うちはアグレッシブで、コレクティブなチームということだろう」と、ポジティブに受け止める。

 堅固な守備を披露する一方で、柴崎岳のような“ボールプレーヤー”の居場所を見出せないボルダラス監督には賛否両論あるが、そうした周囲の声についても、「べつに何を言われようが構わない。ヘタフェがスモールクラブだと言うことを忘れないでもらいたい。その中で、我々はベストを尽くしているまでだ」と意に介さない。

 今後もヘタフェはできうる限り、試合をストップさせる戦いを貫いていくはずだ。アウト・オブ・プレーの時間が増えれば、攻撃されるリスクは減り、ボルダラス監督の戦術が効果を発揮する。それがヘタフェの勝利の方程式なのである。


文●ゴルカ・ペレス(エル・パイス紙)
翻訳:下村正幸
※『サッカーダイジェストWEB』では日本独占契約に基づいて『エル・パイス』紙の記事を翻訳配信しています。
【関連記事】
トップ下でフル出場の柴崎岳、質の高い長短パスを繰り出すもヘタフェはマドリーに完敗
「遠藤と柴崎のコンビを推す」世代交代が進む“森保ジャパン・理想の先発11人”は?
乾貴士が3試合ぶりにスタメンに返り咲いたベティス、敵地でジローナを退ける!
「君ならできる」「次こそ決めてくれよ、タカ!」 ベティス・サポーターが乾貴士のゴールを熱望!
【宮澤ミシェルのリーガ見聞録|第1回】バルサにビダルがハマらないのは想定内。乾にはもっと「オレ発信」のプレーを期待したい!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ