モドリッチはインテル移籍を望んでいた! しかしマドリーが約束を反故に…

カテゴリ:移籍情報

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2018年09月25日

移籍金ゼロでの退団を認めてもらうが…。

今夏のインテル移籍が囁かれたモドリッチ。(C)Getty Images

画像を見る

 ルカ・モドリッチは、R・マドリーがチャンピオンズ・リーグ3連覇を果たした直後、フロレンティーノ・ペレス会長と話し合いの機会を持ち、「ここでやれることはすべて実現した。新たなモチベーションを得るために移籍したい」と直訴した。
 
 これに対してペレス会長は、この時はクリスチアーノ・ロナウドの移籍が現実になるとは思ってもいなかったから、「移籍先があるのなら話を進めても構わない。これまで大いに貢献してくれたから、契約を解消して移籍金ゼロで出て行ってもいい」と答えたという。
 
 モドリッチの代理人であるヴラド・レミッチとプレドラグ・ミヤトビッチは、同じクロアチア代表のシメ・ヴルサリコも顧客に持っている。そのヴルサリコのA・マドリーからインテルへの移籍交渉を進めるなかで、2人はインテルに対して、「移籍金ゼロでモドリッチを獲得することが可能だ。もしそのつもりなら話を進めてもいい」と持ち掛けた。
 
 R・マドリーとの契約を解消するとなれば移籍交渉の必要もないわけで、インテルはあまりにも都合がよすぎる話に訝りながらも、「それが本当なら話に乗ることはやぶさかではないし、1000万ユーロ(約13億円)を超える年俸も捻出できないわけでもない」と前向きだった。
 
 ところが、2人の代理人がインテル移籍に向けてペレス会長と話を進めようとすると事態は一変。C・ロナウドのユベントス移籍が決まり、加えてモドリッチまで手放すとなればソシオやサポーター、そしてマスコミから会長に批判が集まることは避けられないという状況になっていた。
 
 そのうえチームはシーズン最初の公式戦、8月15日のUEFAスーパーカップでA・マドリーに敗れたため(2―4)、とてもではないが移籍は認められないと、ペレス会長はモドリッチとの約束を反故にしたのである。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ