【セルジオ越後の天国と地獄】日本サッカーの強化にはJリーグの改革も必要だ

カテゴリ:特集

週刊サッカーダイジェスト編集部

2014年07月24日

クラブが選手の“留学”を後押しするのはお門違い。

目立った新戦力はアルディージャのこのムルジャくらい。柿谷を“留学”させたセレッソは、明らかな戦力ダウンだ。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 『週刊サッカーダイジェスト』の人気コーナー「セルジオ越後の天国と地獄」をサッカーダイジェストWebで公開中!
 
※週刊サッカーダイジェスト8.5号(7月23日発売号)より

――◆――◆――

 約2か月の中断を経て、J1リーグが再開したね。再開初戦では、首位のレッズがアルビレックスに競り勝ち、2位のサガンは4位のヴィッセルを下して上位対決を制した。一方で、チャンピオンのサンフレッチェが、アルディージャに3点のリードを追いつかれる驚きのドローもあった。サポーターたちも、久しぶりのスタジアム観戦を楽しんだと思う。
 
 ただ、今年も混戦で突出した力を持つチームが見当たらないね。首位のレッズにしても絶対的な力があるわけではないし、3連覇を狙うサンフレッチェは完全に息切れしている。リーグ再開に先駆けて行なわれた天皇杯では、アントラーズやヴィッセル、ベガルタがJFL
やアマチュアに負けたし、Jクラブ全体の力が落ちているのかもしれない。
 
 ワールドカップによる中断期間は戦力を高めるチャンスだったのに、目立った補強をしたチームはほとんどなかった。再開初戦で期待感を抱かせたのは、アルディージャのムルジャくらいじゃないかな。
 
 柿谷を放出したセレッソは、むしろ戦力ダウンしているでしょ。本気でタイトル獲得を狙っているのなら、レギュラーの放出は避けるはずなんだけどね。仮に放出しても、代役を獲れるくらいの見返りを要求するものだ。それを度外視して選手を送り出しているようでは、優勝なんて望めないよ。
 
 まあ、ここ何年もJリーグからの選手流出が続いているけど、どのクラブも穴を埋めるだけの補強ができていない。抜かれるばかりのジリ貧で、ハイレベルなワールドクラスの選手を獲れていないんだ。だから、エンターテインメント性は下がる一方。Jリーグ本部も各クラブも、観客動員数の低下を気にしているようだけど、魅力的なタレントが国外に流出しているのだから、減るのが当たり前だよ。
 
 質の高いパフォーマンスの対価として、観客からお金をもらうのがプロだ。そのために、よりレベルの高い選手を揃える努力をするのが、クラブの仕事だよね。でも、Jクラブはそうではない。要するに、アマチュアなんだよ。代理人にいいように選手の移籍をコントロールされている現状を見れば、それが良く分かる。中心選手を“留学”させるのに抵抗がないんだ。むしろ、ラストマッチと銘打って興行にしてしまう。選手のステップアップはポジティブなことだけど、それをクラブが後押しするのはお門違いだよ。
【関連記事】
【日本代表】ハビエル・アギーレ新監督の人物像に迫る
【セルジオ越後の天国と地獄】ブラジルは変わろうとしているのに、日本は今のままでいいの?
【セルジオ越後の天国と地獄】有名なコックを招いても、今の日本の現状では安いピラフしか作れないよ
【セルジオ越後の天国と地獄】世界で勝つにはメディアも本来の役割を果たせ
日本代表23人の新たなる戦い――夏の去就動向&ポジション争いを読む

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ