日本代表23人の新たなる戦い――夏の去就動向&ポジション争いを読む

カテゴリ:日本代表

週刊サッカーダイジェスト編集部

2014年07月16日

正念場のシーズンを迎える香川、本田。長友は不動の存在に。

ワールドカップでは本領を発揮できなかった香川だが、クラブではスタートダッシュが求められる。 (C) Getty Images

画像を見る

香川真司(FW)/マンチェスター・ユナイテッド(ENG
「米国ツアーでインパクトを残したい」
 地元紙では「退団してもおかしくない選手」として名前を挙げられた香川。ワールドカップでオランダの指揮を執ったファン・ハールを新監督に迎えて新たなスタートを切るチームの中で、香川の立場はやはり楽観視できるものではない。指揮官からの信頼を得るには、7月23日から始まる米国ツアーでの強化試合(ロサンゼルス・ギャラクシー、ローマ、インテル、レアル・マドリー)で、いかにインパクトを残すかに懸かっている。中盤にはトップ下でも機能するアンデル・エレーラが新たに加わり、ポジション争いはさらに熾烈さを増した。
 
本田圭佑(MF)/ミラン(ITA
「トップ下不在の4-3-3で機能できるか」
 昨シーズン、トップ下の定位置を争ったカカは米国へと旅立ったが、新監督のインザーギはトップ下を置かない4-3-3を採用する見通し。ミランでの2シーズン目も不慣れな右サイド(右ウイング)もしくはインサイドハーフが主戦場となるか。ただし、パリSGからメネーズを獲得し、エル・シャーラウィが長期の怪我から戦列復帰。3トップはこのふたりを両翼に据えて、中央にバロテッリの起用が濃厚で、中盤の人材も多士済々。昨シーズン以上に激しいサバイバルになりそうだ。
 
長友佑都(DF)/インテル(ITA
「スタメンの座は安泰で攻守の責任が託される」
 今やインテルの左サイドは、長友抜きでは考えられないほど、存在感は大きくなっている。昨シーズンは主に3-5-2の左ウイングバックを務め、攻守に安定したプレーを見せたが、今シーズンはSBに戻る可能性もありそうだ。就任2年目のマッザーリ監督が、サイドからの攻撃力アップを図るべく、4バックへの転換を推し進めると見られている。ただ、システムにかかわらず長友は不動の存在で、攻守の責任が託される立場だ。
 
柿谷曜一朗(FW)/C大阪→バーゼル(SUI
「7月19日のリーグ開幕戦でデビューも?」
 7月8日にスイス1部のバーゼルへの移籍が決定。下部組織時代を含め4歳から過ごした古巣に別れを告げた。新天地では、7月19日に早くもスイス・リーグが開幕。このアーラウ戦でのデビューは微妙だが、9月からはチャンピオンズ・リーグ(CL)のグループステージも始まる。至高の舞台を踏むためには、1トップならばシュトレラー、右サイドならD・デケンといった実力者がライバルとなりそうだ。
【関連記事】
【W杯 検証】ドイツはなぜ優勝できたのか――代表番記者が振り返る
【W杯 識者総括】看板スターに賭けた有力国の栄枯盛衰を横目に、ドイツが満喫する別格の充実
柿谷曜一朗、涙の国内ラストゲーム。セレッソへの溢れる思いを抑え切れず……
7月15日にJ1リーグ再開!! 全18チームの現状をレポート
【移籍市場超速報】オランダ代表マルティンス・インディがポルトへ。ナニにミラン行きが浮上

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ