【日本代表】ハビエル・アギーレ新監督の人物像に迫る

カテゴリ:日本代表

ロベルト・マルティネス

2014年07月24日

ダイナミックで縦に速いサッカーを理想に掲げる。

日本代表の新監督はメキシコ生まれのアギーレ。スペインはバスクの血を引く熱血漢は、チームをどんな色に染めるか。 (C) Getty Images

画像を見る

 ハビエル・アギーレは直情型の人間だ。その人となりは、1976年にクラブ・アメリカでプロデビューしてからずっと変わらない。
 
「私はダイレクトに物を言うタイプだ。つねに相手の目を見て話すようにしているのもそのためだ。自分が素直になれば相手も素直になれるし、信頼関係が生まれる。それが自分らしくするということだ。逆に一番ダメなのは、人に嫌われるのを怖がって本当の自分を隠して生きることだ」
 アギーレはみずからの信条をそう語る。
 
 その一方で、状況に応じて対処する柔軟性を持ち合わせている。クラブ・アメリカ(メキシコ)、ロサンゼルス・アズテックス(アメリカ)、オサスナ(スペイン)などを転々としながら成功を収めたのが現役時代のアギーレだ。柔軟な対応力の成せる業だろう。
 
 95年に母国メキシコのアトランテで監督人生をスタートさせてからも、率直さと柔軟性を使い分けキャリアを築き上げた。最高の実績は、02年日韓ワールドカップと10年南アフリカ・ワールドカップでメキシコ代表をベスト16に導いたことだろう。持ち前のモチベーターとしての能力を存分に発揮し、現役時代のみずからを彷彿とさせる強烈なスピリットを選手たちに植え付け、チームを戦う集団に変貌させた手腕はまさに真骨頂であった。
 
 戦術に目を向けると、好んで用いるシステムは4-2-3-1だ。最終ラインをプロテクトする守備的MFを中盤の底に2枚並べ、最前線にはターゲットマンとなる9番タイプのCFを置くのがいわば戦術の肝で、ブラジル・ワールドカップで4度目の世界王者に輝いたドイツ代表のような、ダイナミックで縦に速いサッカーを理想に掲げる。
 
 そんなアギーレのサッカー観を決定付けたクラブがあるとすれば、それはオサスナで間違いないだろう。
 
 スペインはバスク地方のビスカヤ県出身の両親を持ち、そのものずばり「エル・バスコ」(スペイン語でバスク人の意)と呼ばれるアギーレは、みずからに流れるその血を誇りに感じ、スペインに一種の憧憬を抱いていた。
 
 願ってもないバスクのクラブ、オサスナからオファーを受けたのは、メキシコ代表のMFとして自国開催の86年ワールドカップを戦った後だった。二つ返事でオサスナ行きを決めたのは言うまでもない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ