【横浜|浦和戦 戦評】弱いから負けた。ただそれだけ。だから、信念を貫くしかない

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2018年09月17日

指揮官は「勝つべき試合だった」と繰り返したが…

浦和には「力負け」。デュエルの勝率で下回るなど、試合を通じて後手に回っていた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ26節]横浜1-2浦和/9月16日/日産ス
 
 試合終了直後の率直な感想は、「力負け」だった。
 
 前半終了間際にセットプレーの流れから、宇賀神友弥にミドルを決められて先制を許す。だが、69分には天野純の精緻なスルーパスが前を走る遠藤渓太に通り、遠藤のクロスから途中出場のウーゴ・ヴィエイラが左足で流し込んで同点とする。
 
 これで勢いづくかと思われたが、79分に一瞬の隙を突かれる。青木拓矢のロングパスを阻止できず、最後は武藤雄樹に勝ち越し弾を決められる。その後は猛攻を仕掛けるも、身体を張った浦和の強固な守備をこじ開けられなかった。
 
 前半のいくつかのチャンスを決め切れずにいると、追いかける展開を強いられ、粘り強く食らいついたものの、再び突き放されると、もう一度、試合を振り出しに戻すことはできなかった。空中戦の勝利数やデュエルの勝率で相手より劣り、アフター気味のファウルが目についたのも、試合を通じて後手に回っていた証拠だ。
 
「強いものがいつも勝つとは限らない」とは、元アルゼンチン代表FWガブリエル・バティストゥータの言葉だが、この日の横浜にとっては慰めにもならない。
 
 アンジェ・ポステコグルー監督は「勝つべき試合だった」と繰り返したが、そうは思えない。決定機が何回もあったかもしれないが、それは浦和も同じ。GK飯倉大樹の好守で大量失点を免れただけだ。
 
 いずれにしても、横浜は弱いから負けたのだ。力が足りなかった。「3ポイントを取るためには必死に戦わないといけない」(槙野智章)という浦和にねじ伏せられた。それ以上でも以下でもない。

【注目選手】左足を武器にチームを操る天野純!

【横浜1-2浦和 PHOTO】浦和が4試合ぶりの勝利!一方横浜は降格圏が迫る痛い敗戦

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月25日号
    4月11日発売
    東京五輪の主役候補を追え!!
    97~03年生まれ限定
    次世代タレント200選
    クラダイは名古屋&柏!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ