【横浜】絶妙スルーパスも「全然ダメ」とバッサリ。天野純から滲み出る強い責任感と覚悟

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2018年09月16日

これぞ「針の穴を通す」というスルーパスだったが…

H・ヴィエイラのゴールを引き出すスルーパスは見事だった。だが試合には敗れただけに、天野に笑顔はなかった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ26節]横浜1-2浦和/9月16日/日産ス
 
 1点を追う69分、横浜が同点に追いつく。左サイドを抜け出した遠藤渓太が左サイドからグラウンダーのクロスを供給。これを受けたウーゴ・ヴィエイラが目の前のマウリシオをかわし、左足で流し込んだ。
 
 特筆すべきは、遠藤を走らせた浮き球のスルーパスだ。
 
 センターサークル付近でキープした天野純は、少しタメて、自慢の左足を振り抜く。放たれたボールは浦和守備陣の隙間を完璧に射抜いて、遠藤の足もとに収まった。
 
 これぞ「針の穴を通す」という表現がピタリとあてはまるスルーパス。「狙いどおりと言えば、狙いどおりです」と語る天野の非凡な技術が詰まった“アシストのアシスト”だった。
 
 しかし、天野に笑顔はない。自らの活躍で試合を振り出しに戻したが、その後に2点目を奪われて、チームは悔しい敗戦を喫した。
 
「90分を通して、自分的には全然ダメなパフォーマンスだった。それもあって、今日も負けてしまったと思うから。そこはすごく責任を感じている」
 
 代表活動の後で、たしかに天野のプレーにはやや疲れが見えたように感じた。天野自身もそれを否定しない。だからといって、低調なパフォーマンスの言い訳にするつもりもない。
 
「そういうなかでも、自分で何か違いを出さないといけない立場だと思うので。まったく満足できない」
 
 チームの命運を背負う強い責任感と覚悟。それはとてつもなく大きなプレッシャーにもなるはずだが、天野は自分が置かれている立場を理解したうえで、周囲の期待に応えようと必死に戦っている。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【注目選手】左足を武器にチームを操る天野純!

【横浜1-2浦和 PHOTO】浦和が4試合ぶりの勝利!一方横浜は降格圏が迫る痛い敗戦
【関連記事】
【J1採点&寸評】横浜 1-2 浦和|中盤の健闘が光った浦和が決定力不足の横浜に競り勝つ
天野純が好位置のFKを決められず。槙野智章の“あの一言”が影響した?
【横浜】「そうやってみんな強くなっていく」“日本代表”天野純の並々ならぬ決意
「俺だったら絶対…」好位置のFKの場面、天野純はなぜ堂安律にキッカーを譲ったか?
雑草魂でコツコツと――初招集・天野純の野望「自分みたいな人間がどこまで上り詰めるか」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ