【J1採点&寸評】鳥栖1-0広島|首位叩きの大金星!輝いたのは決勝弾のCBと切り札

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2018年09月15日

鳥栖――高橋祐が出色のパフォーマンス。

【警告】鳥栖=安在(86分) 広島=なし
【退場】鳥栖=なし 広島=なし
【MAN OF THE MATCH】高橋祐治(鳥栖)

画像を見る

[J1リーグ26節]鳥栖 1-0 広島/9月15日/ベアスタ
 
【チーム採点・寸評】
鳥栖 6.5
ポゼッションをしながらも、攻めあぐねる時間帯が長かった。それでも、セットプレーから決勝点を奪い、試合終盤には身体を張って無失点に抑えた。
 
【鳥栖|採点・寸評】
GK
20 権田修一 6.5
何度か危険なクロスがあったものの、果敢に飛び出してハイボールを処理。さらに62分にはミドルシュートを横っ飛びでビッグセーブした。
 
DF
8 藤田優人 6
ハイボールの競り合いで、パトリックに狙われていた。ただ、オフェンスではよくボールに絡み、前半終了間際には鋭いミドルを放った。
 
MAN OF THE MATCH
3 高橋祐治 7
カバーリングもエアバトルもクオリティの高いプレーだった。パトリックが彼のサイドを徐々に避けていったのは偶然ではないだろう。さらに、76分にはFKから打点の高いヘディングを突き刺し、決勝ゴールを記録した。
 
33 ジョアン・オマリ 5.5(90分OUT)
40分には強烈なミドルシュートを放ち、積極性を見せる。だが後半、右サイドでパトリックに対して2度も同じような軽率な対応をしてピンチを招いた。
 
2 三丸 拡 6
自身のサイドを攻め込まれる回数が多かったものの、なんとか凌ぎきった。また、74分には左サイドから高精度のクロスを上げて安在の決定機を演出した。
 
MF
36 高橋秀人 6
ボール奪取が冴えており、セカンドもよく拾っていた。ただ、欲を言えばポゼッション時にもう少し効果的なパスを増やしたかった。
 
14 高橋義希 6
スタートポジションはボランチだが、2列目からの果敢な飛び出しが光った。動きが良かっただけに、その後のプレーで精彩を欠いたのは残念だった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ