【鹿島|戦評】ふてぶてしいまでの勝負強さ。耐え忍び、勝機を掴むのが「今のベスト」

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2018年09月15日

「すべてを圧倒して勝つのはたぶん、難しい」(西)

湘南戦は苦しみながらも、最後は鈴木(9番)のゴールで勝点3をもぎとった。写真:徳原隆元

画像を見る

この日は正確なクロスで2アシストを記録した西は、「我慢とか、守備からっていうのをやらないとダメ」と語る。写真:徳原隆元

画像を見る

[J1リーグ26節]鹿島 2-1 湘南/9月14日/カシマ
 
 たとえ前半は主導権を握られたとしても、今の鹿島はどこか安心して見ていられる。むしろ、0-0で前半を折り返せば、後半の“逆襲”が楽しみになってくる。
 
 事実、49分にはセットプレーの流れから、最後は西大伍のクロスを土居聖真が押し込んで先制に成功。66分に一瞬の隙を突かれ同点に追いつかれるも、90+1分には、再び西のクロスから途中出場の鈴木優磨が豪快なヘディングシュートを突き刺し、決着をつけた。
 
 最後に勝てばいい――そんな割り切った戦い方を辛抱強く貫く。劣勢の時間が長く続いても、慌てる素振りは見せない。
 
 西はチームの現状を次のように語る。
 
「今のこのチームで、すべてを圧倒して勝つのはたぶん、難しいので。理想と、現実的に考える部分の難しさがあって、我慢とか、守備からっていうのをやっぱり、やらないとダメかなと思いますけどね」
 
 相手を圧倒できない理由は「いろいろある」(西)。それを理解したうえで、勝利を引き寄せるためには何をすべきかを、選手たちは理解しているのだろう。そして、最後に勝つ。
 
 我慢するところは我慢する。守ると決めたら、それ以上は求めない。愚直に、攻め込んでくる相手の攻撃を一つひとつ、潰していく。それだけに集中する。そして、流れが来れば、ワンチャンスを確実にモノにしていく。
 
「今日は、我慢するところはみんなで我慢していたし、決定的なピンチはそんなに作られなかった。こっちもあんまり(チャンスは)なかったですけど」(西)

【鹿島 2-1 湘南 PHOTO】激しい攻防に蹴りを付けたのはエースの鈴木!

【鹿島の新時代を担う安部と町田をクローズアップ】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月23日号
    5月9日発売
    2019年シーズン
    J1&J2序盤戦総括
    全1250選手「通信簿」
    高校サッカー別冊付録も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ