【仙台】不屈の36歳・梁勇基。ズシリと響いた「俺、やっぱりサッカーが好きやな」

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2018年08月23日

「イライラしてもしょうがない」と頭を切り替えて

横浜との天皇杯4回戦で久々の先発。65分に途中交代するまで、攻守にアグレッシブなプレーでチームの勝利に貢献した。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 かつてベガルタ仙台を担当していた時、クラブハウスに飾られていた選手たちの七夕の短冊を見たことがあった。
 
 その中で特に印象に残っているのが、梁勇基の願い事だった。背番号10を背負い、中盤の司令塔として不動の地位を築く男は、プロとして着実にキャリアを重ねているにもかかわらず、「サッカーが上手くなりますように」としたためていた。
 
 そんな梁の姿勢や向上心は、今も何ひとつ変わっていないのだろう。とにかく、サッカーが好きでたまらない。今季はリーグ戦で思うように出場機会を得られず、難しい時間が続いているが、サッカーに対する熱い想いがあるからこそ、モチベーションが下がることは一切ない。
 
 むしろ、ピッチから離れ、自分と向き合う時間が増えたことで、改めて気づかされた。「俺、やっぱりサッカーが好きやな」と。
 
 今年1月に36歳を迎えた。「あとどれぐらい(現役を)続けられるか、分からないっていうタイミングになってきているのは事実」と、ある意味、腹をくくっている。だからこそ、なのだろう。1分でも1秒でも無駄にはできない。不貞腐れている暇などない。「そういうどうしようもないことに、あんまり気が回らないようにというか、そういうところでストレスを抱えないようにはしている」という。
 
 悔しい想いはもちろんあるが、「イライラしてもしょうがない」と梁は頭を切り替える。あれこれ悩むぐらいなら、「練習からしっかり集中してやったほうが、自分のためにもなるし。モヤモヤした気持ちをずっと抱えたままやっても、良いプレーは出ない」と前を向く。
 
 ベテランと呼ばれる年齢になっても、これまでと変わりなく、レギュラー奪還に燃えている。「自分らしくやれば、チャンスはくる」と信じている。まだまだ現役を続けたいし、身体的にも「まだやれる」と言葉に力をこめる。それを証明するためにも、普段のトレーニングから全力で取り組む。
 
 なによりも、「腐ったままサッカーをやりたくない」。ネガティブな気持ちでボールを蹴れば、それは自分の中で大事にしてきたものを否定することになるから。「好きでずっとここまで続けてきたサッカー」を裏切るような真似はしたくない。
 
 後輩たちへの想いもある。「もうチームの最年長やし。一番上が腐っていたら、下に良くない影響を与える」と自らの振る舞いに気を付けるが、そんな梁のスタンスが垣間見えるコメントがあった。

【天皇杯PHOTO】横浜 2-3 仙台|久保建英が新天地で先発デビューしアシストを記録するが初勝利ならず!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ