【J1採点&寸評】長崎1-2鹿島|鹿島のターンオーバーが奏功!最高評価は攻守に奮闘したL・シルバ

カテゴリ:Jリーグ

藤原裕久

2018年08月16日

長崎――ミスと寄せの甘さから…

【警告】長崎=徳永(50分)、ファンマ(55分)、中村(90+1分) 鹿島=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】レオ・シルバ(鹿島)

画像を見る

[J1リーグ22節]長崎1-2鹿島/8月15日/トランコスモスタジアム長崎
 
【チーム採点・寸評】
長崎 5
立ち上がりの15分ほどは果敢に攻め込みゴールを奪うも、ミスと寄せの甘さから鹿島にオープンな展開に持ち込まれて2失点。後半に中盤の守備をタイトにして巻き返しを狙うも得点を奪えずに、スコア以上の完敗を喫してしまった。
 
【長崎|採点・寸評】
GK
30 徳重健太5.5
大きなミスは無かった。あえて言えばフィードをもっと効果的に入れていきたいところ。
 
DF
4 髙杉亮太 5.5
積極的な攻め上がりから先制点を決めるが、その後は攻め上がったあとのクロスに課題が。
 
32 徳永悠平 5.5
冷静な判断を見せていたが、前半途中から押し込まれる。ピッチ上でリーダーシップを発揮できず。
 
45 ヨルディ・バイス
前半から守備の強さを披露。後半には自らドリブルで持ち上がるなど攻撃への積極性も見せた。
 
MF
3 飯尾竜太朗 5.5
献身的な上下動を見せるが、攻め残る相手サイドハーフに背後を取られるシーンが目立つ。
 
11 鈴木武蔵 5.5
スピードと運動量を生かしてショートカウンターを見せるも、キック精度に課題を残した。
 
15 島田 譲 5.5(80分OUT
中盤の配球役としてプレーするもゴールに結びつけられず。守備の寄せもいつもより甘かった。
【関連記事】
イニエスタの妙技に対戦相手もお手上げ!広島のロッカールームで話題になったのは…
サッカー界の「ファーストペンギン」――本田圭佑の新たな挑戦には"裏ミッション"があるのかもしれない
英メディアが「世界7大陸のナンバーワンDF」を発表! アジアからは日本代表戦士を選出!
Jリーガーの「好きな女性タレント」ランキング2018年版! 石原さとみや新垣結衣を抑えて1位に輝いたのは?
中村俊輔、遠藤保仁、小野伸二…を超える「最も衝撃を受けた」と鈴木啓太が引退記者会見で明かした“意外”な選手とは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ